スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
高水三山その2
- 2011/03/11(Fri) -
高水山からは先日の雪が残っているところが多くて体力消耗。

じつは前回の凍結残雪二子山オヤジ尻もち数回事故に懲りて靴を新調&軽アイゼンもザックに忍ばせていました
が、滑らないように歩く登る下りるのって初心者は神経すり減るわ、変なところに力入るわで疲れるのです。

花粉症同居人は登り始めから苦しげでしたがなんとか次の岩茸石山到着。
201103高水三山_09 ねころぐ
向こうに棒ノ折山が確認できます。稜線歩きで行ってみようかなどと言っていたのは誰?
201103高水三山_10 ねころぐ 201103高水三山_11 ねころぐ
同居人が「さぶっ!」を連発するのではるさめスープで温まったら即出発。
201103高水三山_14 ねころぐ 201103高水三山_16 ねころぐ
おそるおそる降りたり登り返したりを繰り返して眺望ナシの惣岳山到着。
ここから御嶽駅までの80分でオヤジ突然花粉症炸裂!
慣れないハイカットブーツで足首の上が痛みだす。
二人とも苦しいのです。あんまり楽しくない(笑)。
201103高水三山_17 ねころぐ
御嶽駅裏の登山口に到着したらまあなんと平和な風情。
ホッとしました。

↑今回の足跡

201103高水三山_18 ねころぐ 201103高水三山_19 ねころぐ
趣のある御嶽駅。
運転しなくて済むので電車で爆睡。
ザックはヨダレならぬハナミズで濡れるのでした。

寒かった高水三山にちなんで寒いオヤジの駄洒落をお一つ。

「鼻水散々。」

おあとがよろしいようで。
この記事のURL | 山歩き | CM(0) | ▲ top
<<お見舞い申し上げます。 | メイン | 高水三山>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。