スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
庭池のワンド
- 2008/07/07(Mon) -
たびたび登場する仕切りのある池のなかの池。
バスフィッシングでよく聞く「ワンド」と勝手に呼ぶことに。
ウォータープランツが成長していい感じになってきました。

稚魚たちには格好の隠れ家。
仕切りの上部の隙間と下に空いている穴で本池とつながってはいますが水生植物の密度のおかげで
ワンドのほうが水質もいいような。
藻類があまり殖えないし透明度も抜群。

庭池ワンド_01 庭池ワンド_02

右の真上からのショットですくすく成長中のウォータープランツのご紹介。
(写真の上のほうから時計回りで)
メダカ産卵用のアナカリス、ヒツジグサ、アマゾンフロッグピット、わかりづらいですがメダカ産卵用カボンバ、
ヒメスイレン、ウォーターポピー。
レンガでせき止めて赤玉土で作った湿潤地帯には右がトクサにウォータークローバーヨーロピアン、
その隣がシラサギカヤツリとヒメホタルイ。

おそらく本池の二十分の一くらい?の水量ですが生物密度はすごい高さ。メダカ、クチボソ、ミナミヌマエビなど
自由に行き来しています。
ウォーターポピーとヒメスイレンも本池へ進出中(笑)。

ちなみに仕切りの外側が温帯スイレンのファイヤークレストとアサザです。


庭池ワンド_03 庭池ワンド_04
左:トクサ方面北側から。右:シラサギカヤツリ方面東側から。

なかなかいい感じと一人悦に入ってます。
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。