スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
反省
- 2009/12/18(Fri) -
深夜に「コンビニのポスター見たんですが。」とTEL。
同居人が応対してました。

ミミの写真にそっくりで鼻の下にシミがあるネコを家の前でダンボールと毛布を置いてしばらく
世話していたけれど昨日死んでいたのでどこかに埋めてあげようと思っていたところたまたまポ
スターを見かけてお電話しましたが今日はもう遅いですし明日なら主人が夜9時ごろ帰って来ます
から確認されますか。

とのこと。若い女性。

そういえばファミリーマート様だけはいまだに気まぐれネコさん純正最強ポスターを掲示板に貼
ったままにしてくれています。
お宅の方向も辻褄があっていて距離も2km弱。

う?む。でも。
星になるなりポスター見かけて深夜にTELしてくるってどうよ?
そんな偶然ある?
なんかあやしくない?

違う心配もあって、とにかく翌日仕事を早めに切り上げて同居人と二人で行ってきました。
ついさっきです。ミミのこと電話の主のことなどで微妙に緊張しつつ。
暗くて寒くて家がわからない。
同居人が電話すると、迎えに行きますと。
すぐに髪の長い超今どき風の若い男性が走って来る…。

あいさつもそこそこに。
オヤジは車でゆるゆる付いて行って同居人のあとから確認しました。

あ?。全然違う。

ダンボールの中で大きな大きなチャトラのニャンズが暖かで清潔そうな毛布に顔をうずめてうつぶせ
のまま冷たくなっていました。言われなければ気持ち良さそうに眠っているようにしか見えない。
毛並みもツヤツヤ美しくて。
家の中では飼えないのでこうしていたとか。カバーもあって野良には十分な条件です。
最近ちょっと元気がなかったそうで、きっと一昨日の冷え込みがこたえたんだと同居人の意見に納得。

「わざわざご連絡いただいてありがとうございました。」
「こちらこそわざわざ来ていただいて申し訳ありませんでした。」

できる限りの世話をしていた若いカップルの生活と毛布にうずくまって静かに安らかに眠りについた
ニャンコと寒い夜。
この寒空の下、ミミはどうしてるんだろうとの想いがいっしょくたになってちょっと感傷的になった
100歳カップル。

違ってはいたけれどお礼もなにも用意していなかったのでかえって良かったかもしれません。
ちょっとしたお礼を送ることにしました。

親切で優しい思いの連絡を疑ったオヤジ一名。
反省。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。