スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ミミ姐の異変
- 2009/01/09(Fri) -
マリ、ミミ、ゴマのなかでミミ姐さんだけはいつも離れてポツンとしています。
誰もいないくら?いさむ?い部屋でじっとしていることがほとんど。
いじめたことなんて全然ないのに。
My daughterとだけは一緒に寝ることが多いみたいですが。

とにかく「ミミと呼んだら逃げる」がお約束。

夕べそんなミミにしては珍しいことが。
仕事PC中に部屋の仕切りでガサゴソ音がするので開けてみるとミミがすスッとお出まし。
これ自体もうあり得ない出来事なのにさらに。

足元にすりよってくるのでした。
ミミ_10
「ちょっと寒いの。」みたいな。

ジャンプ一番PC前でこちらをみつめるミミ姐。
ミミ_14
「またゴマ吉のこと書いてんでしょ?」
「いえ。休みだというのに仕事してたんですけど。」

なぜかしどろもどろになって事情を説明するとゆっくりと膝の上に降りてきて丸くなっち
ゃいました。
ミミ_11
「あらそ。」
「それなら許してあげるから膝貸しなさい。」と。

このあとミミ姐が安眠できるように不自由な姿勢でキーを打つこと小一時間。
いつのまにか両手をミミ姐に回して一緒にウツラウツラよだれオヤジと化したのでした。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。