スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ワンドその後
- 2011/02/27(Sun) -
早くもトクサ復活(笑)。
ワンド2011_07 ねころぐ
心を鬼にして底も浚ってすっきりキレイにすべきか?

無理。
スポンサーサイト
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
梅の剪定
- 2011/02/26(Sat) -
花つきをよくするために、
「徒長枝には花芽がつかない」
「短枝をたくさん出させる」
「徒長枝は軽く切り詰める」。

実験的剪定の成果。
紅梅201102_01 ねころぐ
枝いっぱいの開花。
白梅201102_02 ねころぐ

こういう枝でいっぱいにならないといけない。
望遠のZOOMで誤魔化している場合ではありません(笑)。

どちらも巨大な株なので小さくまとめる五年計画にチャレンジする予定。
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
二子山山頂
- 2011/02/24(Thu) -
文字通りオヤジ七転八倒の山行でしたが山頂は気分爽快。
もともとガイドブックにも「訪れる人も少ないのでゆっくりしよう」などと(笑)。

雌山は展望ナシ。
雄山に登り返して山頂道標地点は北向き。
秩父市が見渡せました。
二子山201102_10 ねころぐ
だ?れもいない。
山頂をグルッと見渡すと南側に陽の当たる休憩するにはもってこいのスペース発見。
日当たりバツグン、南東から西にかけて眺望もバッチリ。

石灰石採掘で無残な山容の武甲山は人間の勝手さを受け止めながらも威風堂々。
二子山2011_07 ねころぐ
南南西には前回登った伊豆ヶ岳も見渡せました(三角の山の左)。
二子山2011_08 ねころぐ
岩の上に座って春の気配の優しい南風を受けながら食後にノンビリするteamAROUND100。
二子山2011_09 ねころぐ
足元はオーバーハングで断崖絶壁。

苦労して登った甲斐がありました。
「また来よう」で一致。
この記事のURL | 山歩き | CM(0) | ▲ top
二子山(奥武蔵)
- 2011/02/23(Wed) -
team山歩きAROUNDO100第七弾決行日は霞がかかるも快晴。
奥秩父にも二子山がありますが今回は芦が久保駅前からの二子山。
武川岳と縦走するコースが一般的ですがムリムリ。マイカー利用ですし、ループで。

標高883m最大標高差580mなのに悪戦苦闘!
最初の水場まではまあまあ平和な沢沿い急登だったのですが。
二子山201102_01 ねころぐ
往路も復路も北側。
踏み固められた雪が凍った登山道。
軽アイゼンすらなく、ほんとうに引き返そうと思いました。
帰りに下るのだって北側ルートだからどう考えても無理というか危ない…。
二子山201102_05 ねころぐ 二子山201102_06 ねころぐ
同居人に逆に励まされて恐る恐るカメと化して再出発。
ようやく尾根筋に出て少しは状況が好転しましたがとにかくすごい急登。
二子山201102_02 ねころぐ
山頂に近づけば近づくほど急角度でカチコチ雪。
両手両足を駆使してよじ登る。
二子山201102_03 ねころぐ
距離は少なくても今までで一番疲れた。
帰りに五回尻もち。
お尻泥まみれ。

でも頂上ではご褒美もありました。
今日はちょっと心地よい疲れでもう寝ることに…。
この記事のURL | 山歩き | CM(0) | ▲ top
山行♪
- 2011/02/22(Tue) -
同居人のゴホンゴホンがだいぶよくなったので明日2週間ぶり山行予定。
庭池も庭木も気になっていたところはみんなひと段落したので心おきなく。

前回の伊豆ヶ岳のすぐそばの二子山へ。
健脚なら縦走セットにできちゃうんでしょうがteamAROUND100は分割です。
あまり天気は良くなさそうですがそんなことはもう二の次。

各種衣類、装備、食糧一式をチェックすることからして楽しい♪
中学の頃釣りにはまっていて出発前夜の準備段階で気持ちが高揚したのを思い出す。

いつのまにか食糧や救急用品がバージョンアップして用意されている…。
同居人の仕業(笑)。

ガイドブックと登山地図と1:25000地形図を何度も読み返してもうすっかり行った気に。


誰にも平等で豊かにして厳しくかつまた優しくも逞しい
大きな大きなビオトープへ。
この記事のURL | 山歩き | CM(0) | ▲ top
寝起きの午後イチ
- 2011/02/20(Sun) -
いつもの椅子でもうひと寝入りしようかな?。
ゴマ201102_21 ねころぐ
とーちゃん。いまからPC使う?
ゴマ201102_22 ねころぐ
まだ眠たげだねぇ。使っていいよ。
せっかく譲ったのにこのあと日光浴中のフィカスプミラに手出しするゴマ。
ゴマ201102_23 ねころぐ
コソコソいじっているうちに完全にお眼覚め(笑)。
この記事のURL | ネコ | CM(2) | ▲ top
おでかけ
- 2011/02/18(Fri) -
外出中のマリの後ろ姿には味がある。

ユラユラ。
マリ201102_02 ねころぐ
ノソノソ。

気をつけていってらっしゃい。
この記事のURL | ネコ | CM(0) | ▲ top
ますます深く
- 2011/02/16(Wed) -
こうべを垂れる。
クリスマスローズ201102_02 ねころぐ
雪へのご挨拶。
クリスマスローズ201102_03 ねころぐ

大きな手のような葉が雪を受け止めて株元は土の色。
そのための形と伸び方なんだと思う。
この記事のURL | | CM(2) | ▲ top
実況
- 2011/02/15(Tue) -
たった今のねころぐ池。
池201102_12 ねころぐ
明日は山行予定でしたがこれではまたもや中止。
池201102_11 ねころぐ
低山でも雪山に挑戦する度胸はありません。経験も装備もありません。
晴れるそうですから溶ける前の状態で楽しめるはずですが…断念。


雪って秒速30-50cmの速度で降ってくるそうです。
高度5000mの雲からの雪は約三時間かけて地上に降り着く。
9時過ぎから三時間かけて降ってきた雪が目の前に今降り積もる。

ようこそ。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
お呼びでない?
- 2011/02/14(Mon) -
庭池作業中も例によって付かず離れず。

そばに居ることは居るけど家のほうの同居人が気になる。
ゴマ201102_02 ねころぐ
かーさんは来ないの?
ゴマ201102_03 ねころぐ
「ゴマ♪」
ゴマ201102_04 ねころぐ
とーちゃんは黙々とそこで働いてればいいの。

は、はい。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。