スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ゴマ!ゴマ!!ゴマ!!!
- 2010/12/16(Thu) -
オヤジは木登り剪定、同居人は草むしりののどかな午前。

いつもなら確実に家の中で爆睡中のはずのゴマ。
こういうときは必ず庭に出てきてつかず離れずウロウロします。
好奇心が強いというか、人懐っこいというか、じつに愛すべきヤツです。

しゃがみ込んで草を取ってはバケツに入れる同居人の手元を見守るゴマ。
ゴマ201012_06 ねころぐ
「ゴマ。」
ゴマ201012_06 ねころぐ
バケツに刺さったオヤジが剪定したモミジと。
ゴマ201012_07 ねころぐ
「ゴマ。」
ゴマ201012_08 ねころぐ
カメラのとーちゃんよりかーさんの手元が気になる。
ゴマ201012_09 ねころぐ

いつまでも。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
モミジ二本剪定完了
- 2010/12/15(Wed) -
ねころぐガーデンのモミジは樹高4m弱と2m強の二本。
高いほうの樹のてっぺんにだけ紅葉が残ってあとは枯れ落ちました。
モミジ201012_01 ねころぐ
今こそ剪定時期。

思い切って一気に強剪定敢行。
ゴマが見守る中、午前中に完了。
この記事のURL | | ▲ top
レッドロビンの一発芸
- 2010/12/13(Mon) -
ニホンベニカナメモチとセイヨウベニカナメモチ(レッドロビン)の生垣で南西を囲まれたねころぐガーデン。
ニホンベニカナメのごま色斑点病は三年越しの看病で完全治癒しました。
不治の病と言われていますが根気よく対処すれば大丈夫。

葉が大きく丈夫で色味の強いレッドロビンより小ぶりで素朴なニホンベニカナメばかり贔屓するオヤジ。
それを打ち崩すかのように勝負に出てくることがあります。
レッドロビン201012_01 ねころぐ

やるじゃん。
この記事のURL | | ▲ top
ヒイラギ復活!!
- 2010/12/12(Sun) -
ハムシ?ハダニ?うどんこ病?
背丈2mほどのヒイラギの葉が白くスカスカになっていたのでこの半年ほど手入れしていました。
手入れといっても原因は確定できずに定期的な薬剤散布と除去並びにすかし剪定。

あてずっぽう対策奏功。
ヒイラギ201012_03 ねころぐ
クリスマスホーリーではありませんがそれっぽいから12月には元気な姿にしたかった。
ヒイラギ201012_01 ねころぐ
間に合った。

クリスマスローズコーナーのすぐそばですからこの辺は勝手に12月の聖域ということに。
ちなみにゴマの屋外トイレットコーナーでもあったりする(笑)。
この記事のURL | | ▲ top
威厳
- 2010/12/10(Fri) -
そこが居心地いいのはわかるが、ゴマ。ちょっとどきなさい。
ゴマ201012_03 ねころぐ
「…。」
ゴマ201012_04 ねころぐ
あ、あの。今度はヒイラギの剪定でもしてくるわ。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
争奪戦
- 2010/12/09(Thu) -
出かけない休日は庭とPCデスクを行ったり来たりになります。
ちょっと池の手入れをして机に戻ろうとすると…。
ゴマ201012_01 ねころぐ
陽射しのある日は特に。
ゴマ201012_02 ねころぐ
そんなに気持ち良さそうにされたらあきらめて再度草むしりにでも戻るしかない。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
落ち葉
- 2010/12/07(Tue) -
落葉樹あってこそ自然のマルチングと冬の陽射しの活力が地表を育みます。
着々と春の準備中の冬枯れの樹も嫌いではありません。

が、外のアスファルトの上に散る葉は見苦しい。
掃いても掃いても降り積もる落ち葉。
堆肥場201012_01 ねころぐ
ここに積むのもう無理。
昔は集めた落ち葉はたき火で処分してましたね。
残り火で焼き芋♪

落ち葉の積もった登山道。
いつか土と一体化する自然の摂理を久しぶりに全身で受け止めました。

小学生のころ土の道がどんどんアスファルト化されていくのは未来を夢見るような心持だった。
水たまりが無くなって長靴ごとハマる(たいていはわざと)心配がなくなった。
土ボコリであちこちジャリジャリすることもなくなった。
ツチバッタを追いかけなくなった。
ビー玉遊びでけへん。

路、道、径、途。
落ち葉が似合う小径って無くなっちゃいましたね。
この記事のURL | | ▲ top
もいっかいMt.Fuji
- 2010/12/06(Mon) -
金時山の帰路。
富士山をいろんな角度で眺めながら山中湖経由中央道で帰ることに変更。

助手席の同居人は憧れのヒトに出会ったかのように見つめちゃあパシャしてます。
そしたら前にも行った山中湖畔のパーキングにも寄っちゃえ。
当日二回目15:00前の
ど?ん。
中山湖201012_01 ねころぐ
どこから見ても美しい。
中山湖201012_02 ねころぐ
数時間待てば赤富士になりそうな気配。
ですがさすがにここまで。

二人して納得の2010年山歩き納めになりました。
この記事のURL | 山歩き | ▲ top
空中戦
- 2010/12/05(Sun) -
そういえば金時山山頂で面白いことがありました。

到達するなりあまりの富士山の美しさにあっけにとられて同居人ともどもボ?ッ。
しばらくしてカメラを取り出したとき。

バタバタバタバタ…と轟音。
振り向いたらこれまた茫然。
すぐ眼の前にヘリコプター!!
金時山201012_07 ねころぐ
南東の大涌谷あたりをバックに南から登場したヘリに手を振りながらシャッターを切るとグルッと10時方向まで
回りこんできてくれて…。
金時山201012_08 ねころぐ 金時山201012_09 ねころぐ
ピタリ。
富士山をバックに金時山の山腹めがけて真っ逆さまに消え去ったのでした。
金時山201012_10 ねころぐ
一瞬墜落したのかと思ったくらいの山肌ギリギリ見事な急降下!!

誰もいない山頂だったのにいつのまにか山小屋の人たちが飛び出してきて手を振ってました。
「今日は○○さんじゃないね」とか言ってたので定期的な朝のあいさつだったみたい。

コールサイン"ヴァイパー"だったに違いない。
この記事のURL | 山歩き | ▲ top
ツワブキとクリスマスローズ
- 2010/12/04(Sat) -
2008年。11月2日登場。
2009年。11月22日登場。
遅めながら今年も健在。
ツワブキ201012_01 ねころぐ
あ。オヤジにとっては、ツワブキの黄色は「クリスマスローズ大丈夫?」の合図だった!

唯一のねころぐオヤジガーデンスペース。
チェックしたら案の定悲惨な状態。
とにかくいろんなものが生えまくった間から見覚えのある葉がチラリ。
クリスマスローズ201012_01 ねころぐ
その他もろもろの雑草類を一掃して適度にトリミングして発酵油カスと腐葉土をすきこんでおわり。
いまごろ施肥しても意味ないか。
この記事のURL | | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。