スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヨレ気味山あるき
- 2010/11/27(Sat) -
そのうち初心者の二人にとっては今までの山歩きとはちょっと違う様相に。
岩がゴツゴツ、道らしい道がない…。
大岳山201011_08 ねころぐ 大岳山201011_09 ねころぐ
最初は「ひゃ?。すごいね。あそこ登るの?」とかはしゃぐ余裕がありましたが。
ますますガスが立ち込め、ますます岩が迫り。
大岳山201011_14 ねころぐ 大岳山201011_15 ねころぐ
こうして写真で見るとそうでもないんですが二人にとってはけっこう急なわけ。
大岳山201011_16 ねころぐ
前日の雨ですべるし、気が付いたら足元泥だらけ。

「三点確保!」などと付け刃のフレーズを叫びながら奮戦したのです。
「もう少しがんばれば奥多摩三山随一のパノラマ展望さ」
「な?に。着くころは見渡せるさ」
「せめて雲の上から富士山」
「都内は快晴だし」

最後の20分は無口になりました。
そして山頂到達のご褒美…。
大岳山201011_17 ねころぐ
かなりの先発ねころぐパーティーでしたが三組の先着があったこともご報告せねばなりません。
慣れているかたにはなんのことはないコースでしょうが、達成感ありました。

なにも見えない現実の厳しさも受け入れてひたすら昼食をむさぼる二人(笑)。
ど新人熟年チームには12月とかは無理な季節なのかね?
そしたらこれが今年の登り納めだなぁ。
これで見納めは悔しいなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 山歩き | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。