スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
岩石園
- 2010/11/29(Mon) -
ねころぐガーデンは自称水辺系和風ビオトープガーデン。
ロックガーデン風ビオトープガーデンというのもありますね。

大岳山から御岳山への帰路は山腹巻道の主脈縦走路を選択。楽そうだったから(笑)。
途中の休憩POINTで"岩石園"なる看板発見。
入園料取られてそれらしい形の石見せられて、のパターンに違いない…
と猜疑心の塊となって説明書きを読むと、おお。これは俗化されていなくて良さげ♪
だいたいからして「ロックガーデン(岩石園)」っていう質実剛健無味乾燥正々堂々の命名も気に入った。

ちょうどその終点に居るみたい。遠回りになるけどどうする?
「行こう行こう。出発!!」
山頂からの眺めもなく疲れ気味だったアラフィフペアは息を吹き返したのでした。

最初の舌端を回りこんだ途端。
岩石園201011_01 ねころぐ
おお。癒しそのもの。こんな情景となら1.5km喜んで(右に見える小径が何度も沢を渡るのでした)。
岩石園201011_02 ねころぐ 岩石園201011_03 ねころぐ
人間には作れない緑・黄・赤と清流。
岩石園201011_05 ねころぐ
気を良くして最後に七代の滝まで降りるのに挑戦したのは無謀でしたが、なかなかほんとに変化に富んだ日帰り
山歩きでした。


この記事のURL | 山歩き | ▲ top
ねころぐ池の紅葉
- 2010/11/28(Sun) -
ねころぐ池を囲む岩にまとわりつくツタは鬱陶しくてあまり好きではありません。
が、勝手なものでこうなると良い。
ツタ201011_01 ねころぐ
ほんの一か所だけ残してあったところが見事な色合いで殺風景なねころぐ池のアクセントに。
この記事のURL | | ▲ top
ヨレ気味山あるき
- 2010/11/27(Sat) -
そのうち初心者の二人にとっては今までの山歩きとはちょっと違う様相に。
岩がゴツゴツ、道らしい道がない…。
大岳山201011_08 ねころぐ 大岳山201011_09 ねころぐ
最初は「ひゃ?。すごいね。あそこ登るの?」とかはしゃぐ余裕がありましたが。
ますますガスが立ち込め、ますます岩が迫り。
大岳山201011_14 ねころぐ 大岳山201011_15 ねころぐ
こうして写真で見るとそうでもないんですが二人にとってはけっこう急なわけ。
大岳山201011_16 ねころぐ
前日の雨ですべるし、気が付いたら足元泥だらけ。

「三点確保!」などと付け刃のフレーズを叫びながら奮戦したのです。
「もう少しがんばれば奥多摩三山随一のパノラマ展望さ」
「な?に。着くころは見渡せるさ」
「せめて雲の上から富士山」
「都内は快晴だし」

最後の20分は無口になりました。
そして山頂到達のご褒美…。
大岳山201011_17 ねころぐ
かなりの先発ねころぐパーティーでしたが三組の先着があったこともご報告せねばなりません。
慣れているかたにはなんのことはないコースでしょうが、達成感ありました。

なにも見えない現実の厳しさも受け入れてひたすら昼食をむさぼる二人(笑)。
ど新人熟年チームには12月とかは無理な季節なのかね?
そしたらこれが今年の登り納めだなぁ。
これで見納めは悔しいなぁ。
この記事のURL | 山歩き | ▲ top
いざ
- 2010/11/26(Fri) -
「展望に優れ、簡単な岩場など変化に富んだ山歩きが楽しめる」そうなので意気揚々と出発。
山頂まで2時間20分コースということは3時間目標。

天狗の腰掛杉とは言い得て妙な杉の木から登山道らしくなります。
またもや一番乗りで踏みしめられた跡は皆無。
大岳山201011_06 ねころぐ 大岳山201011_10 ねころぐ
足元が紅葉した静かな登山道で軽口をたたきながら元気な二人。
だんだんガスが立ち込めてきてちょっと不安でしたが、
広い尾根道に出たときに
「あっ!!」
大岳山201011_11 ねころぐ
「ウサギ!!」
大岳山201011_12 ねころぐ
朽ちた木じゃない、と笑いつつ近づいてもウサギに見える。

幻影に惑わされる山歩き初心者カップル。
このあとの試練の前兆だったのかも。

to be contenued
この記事のURL | 山歩き | ▲ top
日帰り山歩きpart3
- 2010/11/25(Thu) -
高尾山行きがきっかけで隔週トレッキング夫婦と化して三回目は大岳山へ。
ケーブルカーで上がった御岳山からSTART。
7:30発のケーブルカーは貸し切り状態。

降りるなり展望台があって東方面が一望できました。
筑波山。
御岳山201011_03 ねころぐ
ファインダー越しに都心方面をズームイン。
御岳山201011_02 ねころぐ
おわかりですか? 朝ぼらけのスカイツリー。

前回の三頭山と並び奥多摩三山の一つ大岳山は富士山から奥多摩西南部が一望できるパノラマが魅力の
山頂とガイドブックにあります。
今日はガスが出ていて眺望の楽しみは無理かも。
この記事のURL | 山歩き | ▲ top
どこ撮ってんの?
- 2010/11/22(Mon) -
ピントは右後肢肉球に。
あえて露出をプラスに。
ゴマ201011_05 ねころぐ
だからどうしたの。
ゴマ201011_06 ねころぐ


薄眼でガン見された。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
おっとこまえ
- 2010/11/21(Sun) -
蚊に刺された痕がだいぶきれいになったね。
ゴマ201011_03 ねころぐ
逆光が似合うゴマ。久しぶりのアップ。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
静寂ねころぐ池
- 2010/11/19(Fri) -
すっかりさっぱりしました。
池201011_03 ねころぐ
ねころぐ池冬支度仕様。
池201011_02 ねころぐ
いまだ元気いっぱいマッシュルームとなにやら不気味なアメリカハンゲショウ。

メダカたちはちょっとつまんなさそうにしています。
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
きたきた
- 2010/11/14(Sun) -
ムートンきたね♪
マリゴマ201011_01  ねころぐ
山でもどこでもいってらっしゃ?い。

ネコより先に人間が寝てた形跡あり(笑)。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
三頭山3
- 2010/11/12(Fri) -
富士山の姿を満喫した二人。
三頭沢源流から沢伝いコースでのんびり下山。

二人とも膝が笑っていましたが、源流あたりでのお昼を次の楽しみにいろんな自然を愛でながらゆっくり下山。
三頭山201011_11 ねころぐ
変化が時間と疲れを忘れさせてくれます。真正ビオトープ。
三頭山201011_17 ねころぐ 三頭山201011_18 ねころぐ
途中でちゃんと紅葉のおもてなしも。
三頭山201011_12 ねころぐ

すっかり日帰り山歩きが気に入ってしまった。
帰るなり再来週どこ行くか相談してきたのは同居人のほうでした。
この記事のURL | 山歩き | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。