スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
控え目2010年
- 2010/08/30(Mon) -
勝手で自由奔放な増殖を一切許しおかない2010年。
ミズヒナゲシだけでなく、アサザもしかり。

こうしてワンドの隅っこでそっと咲くの、いいよ?。
アサザ201008_02 ねころぐ
かえって注目度高いっしょ?
スポンサーサイト
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
ナツアカネ改めショウジョウトンボ
- 2010/08/29(Sun) -
ねころぐ訂正流行り。

ナツアカネではなく、ショウジョウトンボでした。
ショウジョウトンボ201008_07 ねころぐ
ナツアカネは翅の付け根まで透明とのこと。
ショウジョウトンボ201008_02 ねころぐ
↑明らか。

アカトンボって言ってればよかった(笑)。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
ガガブタ包囲網
- 2010/08/28(Sat) -
すでに何度も分身を放出して陣地拡大を図るガガブタ。
ガガブタ201008_03 ねころぐ
また東西南へ放射準備完了の様子。
ガガブタ201008_04 ねころぐ
北上(手前)計画は一切ありません。
よくわかってらっしゃる。
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
マダム the 1st again
- 2010/08/27(Fri) -
株分け第2鉢マダム初開花しかも初日そして朝7時。
マダム201008_11 ねころぐ
若々しく見えるのは気のせい?
マダム201008_12 ねころぐ

Tu es la plus belle des roses,madame.
この記事のURL | スイレン | ▲ top
もうひと踏ん張り
- 2010/08/26(Thu) -
どんなに残暑が厳しくても秋の気配を察するプランツたち。
オモダカ201008_07 ねころぐ
傷んだ葉と一輪だけの花茎。
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
今さら訂正
- 2010/08/25(Wed) -
今シーズンは初開花が遅かったヒツジグサ。
ヒツジグサ201008_07 ねころぐ
出遅れを取り戻すかのように連日乱れ咲き。
ヒツジグサ201008_09 ねころぐ

…。…。…。!!!

これ、どう見てもヒメスイレンですね(汗)。
例年のねころぐガーデンでの時期と咲き方といい、サイズといい、形といい、色といい。
ていうことは。
とんだ初開花」と「Dream Comes True」のがヒツジグサ様だったわけです。

なんという愚かな株分けバカオヤジ(笑)。
みなさま、ヒツジグサはけっして開花が遅かったのではありませんでした。

え?っと、この記事の一行目と今シーズンの今日の記事までは、
ヒメスイレン→ヒツジグサ、ヒツジグサ→ヒメスイレンに変換してご覧下さい。
この記事のURL | スイレン | ▲ top
おそっ!
- 2010/08/24(Tue) -
網戸でジィィィ?。
正座してじっとみつめるゴマを撮ろうとしたら。
ゴマ201008_06 ねころぐ
ジジジ…。

画像でもゆっくり手を出す雰囲気がおわかりでしょ?
だいたいからして内側だし。
網戸に届いてないし。

アブラゼミいなくなったらあっさりPCデスクの下に戻って昼寝の続き。
一応ネコらしく振舞ってみせているらしい。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
キュうり二つ
- 2010/08/23(Mon) -
タイトルの寒いオヤジギャグで残暑お見舞い申し上げます(笑)。

キュウリ。
キュウリ201008_01 ねころぐ
アサザ。
アサザ201008_01 ねころぐ
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
樹海の底で
- 2010/08/22(Sun) -
少しでも陽光を得ようと。
樹海201008_01 ねころぐ
葉を精一杯水平に伸ばす。
樹海201008_02 ねころぐ
それぞれの緑。
樹海201008_03 ねころぐ

自然のたくましさはやっぱりすごい。
この記事のURL | 小旅行 | ▲ top
ファイヤークレスト浴槽ビオthe3rd
- 2010/08/21(Sat) -
2010年ねころぐガーデンはファイヤークレストの当たり年。
すでに何輪咲いたか定かではなくなりました。

浴槽ビオEASTでも「盂蘭盆会」で登場した13日の第二輪につづいて本日第三輪開花。
浴槽の中心で咲いた第二輪は本池のファイヤークレストと同様の色合い同様の姿でしたがこちらの淑女は
上品なピンク。
ファイヤークレスト201008_03 ねころぐ
花弁もシャープな印象。
ファイヤークレスト201008_04 ねころぐ
底がどんな状態になっているのか確かめる気力はありませんが、株が異なるのかも。
この記事のURL | スイレン | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。