スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
株分け増殖スイレンその後
- 2010/04/15(Thu) -
初挑戦の株分け後約二週間目。
スイレン201004_02
みんな枯れてしまうのではという不安は幸い杞憂に終わりました。
スイレン201004_01
メダカとの顔合わせも無事完了。
この記事のURL | スイレン | ▲ top
目玉クリクリ
- 2010/04/13(Tue) -
本棚の上にのっけたら超気に入ったみたい。
ゴマ201004_01
遊びたいモードになると目がクリクリになる。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
あ…。どうも。
- 2010/04/12(Mon) -
スイセン201004_01

思いのほか視線が合ってしまい、どぎまぎ。
この記事のURL | | ▲ top
源平枝垂れ桃
- 2010/04/11(Sun) -
昨年一応あれこれ勉強して庭木の剪定にチャレンジしたので今春の開花にはどれも格別の想い。
ゲンペイシダレモモ201004_01
ねころぐ池とのショットを考えて剪定した源平枝垂れ桃。

もっと上から撮ればいい感じかも。
この記事のURL | | ▲ top
ベニカナメ見ごろ
- 2010/04/08(Thu) -
生垣のカナメモチがまぶしい。
カナメモチ201003_2 ねころぐ
ただいまねころぐガーデンの周りは真っ赤です。
この記事のURL | | ▲ top
裏庭ビオトープ
- 2010/04/06(Tue) -
植木鉢を物色するときくらいしか足を踏み入れることのない北側の裏庭。
よりどりみどり。
裏庭201003_7 ねころぐ
こういうところも立派なビオトープってご存知ですか。
メダカとスイレンばかりがビオトープではありません。

カナヘビ、テントウムシ、ヤモリ、カメムシ、…。
彼らにとっては絶好の棲家。
エコスタックとも。
裏庭201003_1 ねころぐ
不用意にお気に入りの鉢を持ち上げたらのけぞります。
深呼吸してから持ち上げるようにしています(笑)。
この記事のURL | | ▲ top
お札にしないで
- 2010/04/05(Mon) -
話題になったミツマタ。
ミツマタ201003_1 ねころぐ
やっぱり咲いてこその君だね。
札束に目が眩んでゴメン。
この記事のURL | | ▲ top
どうしてもここから
- 2010/04/04(Sun) -
出入りできるようにあちこちの扉を半開きにしてあるのに…。
ゴマ201004_01 ねころぐ
雨戸の戸袋の上から「ニャン」と呼ぶ。
「もう?。」と言いながらも必ず誰かが開ける。
開けるなりもう絶対の信頼をもって肩に乗って来る。

一日一回はここからご帰還がお約束。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
スイレン株分け その2
- 2010/04/02(Fri) -
ねころぐガーデン春到来に遅れてはならじ。スイレン株分け第二弾。

なにゆえオヤジは赤玉土を仇のように徹底的に潰すのか?
レンコン系は水通し最悪の酸素の少ない汚泥でこそたくましく育つ使命を帯びていると思うから。
スイレン201003_01 ねころぐ
念には念を入れて5cmくらいずつゲンコツパンチで押し固めながら鉢に土をセットします。
池に浸けたときに土から泡が一切出なければ満足。
スイレン201003_03 ねころぐ
それにしても三分割してもこんなにデカイの。どうしよう。
スイレン201003_02 ねころぐ
あのですね。
前回も報告しましたが。
思い切って余った芽を捨てることができない優柔不断オヤジのせいでこんなになっちゃいました。
スイレン201003_04 ねころぐ
もうどれがなにだかさっぱりわからない。じつはまだ右のほうにも…。

どうなることやら。
この記事のURL | スイレン | ▲ top
春うらら
- 2010/04/01(Thu) -
昨秋のカイガラムシの襲撃であきらめていたハナモモ頑張ってます。
ハナモモ201003_1 ねころぐ
手引書通りに剪定したレンギョウが今春はたくさん開花しています。
レンギョウ201003_1 ねころぐ
愛おしい。
この記事のURL | | ▲ top
前ページ | メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。