スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
見納め?
- 2009/10/31(Sat) -
すっかり姿を見なくなったのでそろそろトンボ用竹棒を撤収しようとしたところ…。
アカトンボ200910_05
「もうちょっとそのままにしておいて」
「ハイ」
スポンサーサイト
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
浴槽ビオトープのサポーター
- 2009/10/29(Thu) -
ウメの木を朝の光に写した浴槽ビオトープ。
朝夕の冷え込みにもいまだ力強い放置自力アサザを…
カマキリ200910_14
じっと見つめる。
カマキリ200910_15
君も主役。
カマキリ200910_16
この記事のURL | | ▲ top
ヒメダカ三世代?
- 2009/10/28(Wed) -
澄み渡る秋の空と秋の水。
メダカ200910_11
ヒメダカ大中小。
クロ小もおわかり?
この記事のURL | メダカ | ▲ top
秋色スイレン
- 2009/10/27(Tue) -
これもまたスイレン。
スイレン200910_03
この記事のURL | スイレン | ▲ top
白梅剪定
- 2009/10/25(Sun) -
ただいま休日毎に一本ずつ庭木の剪定にチャレンジ中。
厳密にはそれぞれに剪定時期というのがあるのですが徒長枝が見苦しくて…。
白梅20091023_04白梅20091023_04
所要時間二時間。
白梅20091023_03白梅20091023_03

芽の向きに注意して一年後の姿を想像しながら整枝剪定するのが楽しくなってきました。
そして木登りがうまくなってきました。

この記事のURL | | ▲ top
三週間放置ねころぐ池
- 2009/10/23(Fri) -
松島旅行前の休日以来ノーメンテ。
庭木剪定命オヤジと化して、ねころぐ池はただいまなすがまま状態。
池200910_01
スイレン・ヒメフトイ・ヒメホタルイ・オモダカ・ポンテデリア枯れ、アオミドロはびこり、落ち葉舞い、
ウォーターマッシュルーム元気。
池200910_02
次回快晴の休日には冬支度一気に決行予定!
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
ありゃぁ??
- 2009/10/19(Mon) -
先月初めにケムシ退治をしたハナモモ。
火あぶりの刑にしたのがハナモモには刺激になったのでしょうか?
ハナモモ200910_01
咲いてます。あと三輪ほど。10月下旬。
この記事のURL | | ▲ top
イメチェン
- 2009/10/16(Fri) -
先週の休日。
ウメの木の剪定中に一瞬のけぞって木から落ちそうになった原因がこちら。
アマガエル200910_01
蛾の繭かなにかと思ったら太ったアマガエル(たぶん)。木肌に合わせて変身してじっと。

で。今週の休日。
生垣のベニカナメの剪定中に一瞬のけぞって脚立から落ちそうになった要因はこちら。
アマガエル200910_02
絶対に同じヤツだと思います。
危うく刈り込むところでした。

松島旅行記でウメの木バージョンは撮ったままになっていたのが一週間後にまさか再会するとは。
この記事のURL | | ▲ top
松島ファイナル
- 2009/10/14(Wed) -
たったの一泊限りでしたが、到着日にあらかた見どころは制覇できました。
車で行くのが正解です。
二日目は復習を兼ねてのんびりしました。月曜日なので人も少なく、ゆったり。

五大堂とすかし橋。
松島_五大堂01  松島_五大堂02

松島_観瀾亭  海沿いに昨夜の月見散策コースをぶらぶら。
  観瀾亭はこんなだったらしい。
  「瀾」は波の意味だそうです。
  伊達家の納涼・観月のための別荘。
  中がけっこう見ごたえあったみたい。

  さらに西へ行くと僧侶の修行の場だった雄島。
  歩いて行ける西端っていう感じ。
  夜の散策のときは霊が出るからとUターンでした。
  行ってみることに。

やたら石碑や石像があって不気味な雰囲気でしたが眺めは最高!
松島_双子島
ほとんど二人っきり貸切無人島状態。一番おすすめです。ただし好天の日中にね。

お腹をすかせて一路塩竈へ!
名残惜しくて途中の双観山からファイナル眺望。
松島_双観山

心おきなく新鮮ネタの塩竈寿司で締めくくったのでした。
この記事のURL | 小旅行 | ▲ top
松島のお宿
- 2009/10/13(Tue) -
開湯したばかりの25周年の"一の坊"がお宿。
くつろぎスタイルとかいうゆったりデザインの部屋でした。
窓からの景色もバッチリ。
松島_一の坊01  松島_一の坊02
「ナンゴーノ・カッポリーナとヌーベル・キュイジーヌの出逢い」とかいうやたらボリュームたっぷりのデ
ィナーのあとに「無料松島の夜のお月見散策」に参加。
ちょうど満月。観瀾亭の月見会もちょっと見できました。
松島_月見01  松島_月見02
このとき、ガイドみたいな女性に「結婚25周年の記念だから創立25周年の一の坊さんに決めたの。
なんかちょうだい。」と露骨にリクエスト(酔ってたんです-笑-)。
チェックアウトのときに「おめでとうございます。」とワインをいただきました。えらい。

「ラウンジで松島湾から昇る朝日が眺められる」と相方が張り切るので温泉に入りすぎてボ?ッとしな
がら早起き5:20。
「部屋からでいいじゃん。」
松島_一の坊04
スクリーンのような切り取り風景を前にじ?っと待つこと15分。
曇りで月見&朝日そろい踏みとはならず。
この記事のURL | 小旅行 | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。