スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
松島その5
- 2009/10/12(Mon) -
歩いて数十分以内に歴史的な建物や寺院を訪ねることができるのも松島の魅力。
瑞巌寺、円通院、観瀾亭、五大堂。

和風ビオガーデン派としては政宗の孫三宗の菩提寺「円通院」が印象的でした。
松島_円通院03
関西人ですから京都や奈良で神社仏閣庭園系はデートコースですらあったわけですがこじんまりと
した風情に心がなごみます。
松島_円通院02  松島_円通院05
松島_円通院06  松島_円通院04
縁結びの寺で有名とか。
松島_円通院07
こういうの管理するのたいへんだろうな?。
とただいま庭木の剪定に興味津々のオヤジはまた違った目でも楽しんだ次第。

この記事のURL | 小旅行 | ▲ top
松島その4
- 2009/10/11(Sun) -
クルーズというか遊覧船というかのどかな内海から沖に出ると様相が一変。
太平洋の荒波に削り取られた島の残骸。
松島_クルーズ12  松島_クルーズ11
ぐるっと回りこんで勇壮な嵯峨渓へ。
松島_クルーズ13  松島_クルーズ15
日本三大渓の一つとのこと。左手にはみさご島。
松島_クルーズ14
帰路でのお見送り。
松島_クルーズ17
堪能の1時間40分。

松島遊覧船クルーズの二人の印象はカモメになったことはいうまでもありません。
この記事のURL | 小旅行 | ▲ top
松島その3
- 2009/10/10(Sat) -
松島や ああ松島や 松島や

芭蕉ではないそうです。はじめて知りました。
松島では一句も詠まずに一泊のみ。
ねころぐ夫婦とおんなじです。

松島クルーズの続き。
波の穏やかな内海はまさしく想像していた松島。
島島島…。
松島_クルーズ09
鐘島。
松島_クルーズ08
仁王島。オヤジには家鴨島にしか見えません。
松島_クルーズ10
「左手をご覧ください。…」、「右手をご覧ください。…」、「左手をご覧ください。…」
あまりの島の多さに録音再生の感情のない女性の案内が呪文のように聞こえてくる。
だんだん麻痺してきてバカオヤジらしく連れに右手や左手を見せるようになりつつ満喫。
この記事のURL | 小旅行 | ▲ top
松島その2
- 2009/10/09(Fri) -
「遊覧船ぜったい乗ろう。」だったので初日の昼過ぎに乗船。
嵯峨渓まで周る最長の100分コースを迷わず選択。

出港から30分は松島の風光そっちのけで夢中になることがありました。

あれあれ。やまびこ丸。
松島_クルーズ01
「あんたら、これから行くのね。楽しみにしとるから。」(船尾デッキから)
松島_クルーズ02
プォップォ?と汽笛とともに出港するなり、「そら行くぞ?」と付いてくるカモメたち。
松島_クルーズ03
船内売店に"カモメの餌あります"って書いてあったのを思い出してハタと気付いたオヤジ。
「カモメのエサください」、「ハイ。どうもありがとうございます」、「…」。
カッパえびせん一袋(笑)!

みんな船室でくつろいでいるのに嫁を呼び出して二人でエサやり大会スタート!!
手を伸ばせば触れる近さまで寄ってくるすばらしい飛行技術。
松島_クルーズ04
「手から直接獲るところ撮りたいからやってみて。」
あてずっぽうの連射でGETした瞬間です。
船はかなりなスピードで進んでいて風も強いのに上手に寄ってきます。
「パクリ」
松島_クルーズ05
「ごちそうさ?ん」
松島_クルーズ06
造り物みたいなこんなドアップも。飛んでいるようには見えないでしょ。
松島_クルーズ07

二人で100歳超のカップルがただひと組、デッキで大騒ぎのおおはしゃぎ(笑)。
この記事のURL | 小旅行 | ▲ top
松島その1
- 2009/10/08(Thu) -
今年で銀婚式。
記念に25年ぶりに二人っきりで一泊二日の小旅行に行ってきました。
ネコも庭も家事も子供もほったらかして。

しばらく旅の覚えブログ。
旅先は温泉が出たばかりの日本三景「松島」に決定。
5時出発。さいたま市から愛車爆走で8時半に到着(笑)。

まずは絶景POINT「松島四大観」。

多聞山からの「偉観」。
松島_多聞山01
扇谷からの「幽観」。
松島_扇谷01
大高山からの「壮観」。
松島_大高山01
富山からの「麗観」。
松島_富山01

旅の案内雑誌とかではかなり大きく紹介されている四大観ですがほとんど案内板等ナシ!
オヤジ本能ナビではどこもたどり着くのに苦労しました。
Pは数台分、そこからここ?とか疑心暗鬼で登口と思しき階段を登るとと形ばかりの展望台。
こんな感じ↓
松島_富山02

看板なし。人影なし。土産物屋なし。ただただ小高い山と少しのスペース。
逆にすごく好感が持てました。
絶景がお土産。

「松島自然を崩さない最低限対策観光協会」さん(そんなのないか)に拍手!!
この記事のURL | 小旅行 | ▲ top
秋・日暮れ前・曇り空
- 2009/10/04(Sun) -
なんだかさびしい?
トンボ200909_03
つるべ落としのアカネ空。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
朝夕めっきり涼しく
- 2009/10/02(Fri) -
「し?っ。ゴマが寝てるから。」

昼でも布団を片付けずにみんなそっとしておく。
ゴマ200909_04
ちゃんと枕する。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
前ページ | メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。