スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウォーターポピー1番花
- 2009/06/17(Wed) -
今度はほんとです。
休日に合わせてくれました。媚びるかのように(笑)。
ウォーターポピー200906_02
「君は蕾のうちが可愛い。」
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
ウォータークローバーヨーロピアン勢力拡大
- 2009/06/16(Tue) -
導入年度は一番弱弱しく見る影がなかったウォータークローバーヨーロピアン。
親指ほどの塊を移植した場所が良かったみたいで今や独占状態。
ウォータークローバーヨーロピアン200906_01
井戸水チョロチョロ通り道ぜんぶ。水の流れのままにカバーリングしています。
小さな四枚プロペラが大きな三枚カタバミをも駆逐。
ウォータークローバ2ヨーロピアン200906_01
上流から下流へ向けて色合いが明るくなるのがまた心憎い演出。
ウォータークローバーヨーロピアン200906_03
水中にも進出中なのがちょっと気になります。
可愛いさに油断しているともしかして…。
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
トンボ羽化続々
- 2009/06/14(Sun) -
同時に二匹の旅立ちを見ることができました。

シラサギカヤツリから。
トンボ200906_01
ナガバオモダカから。
トンボ200906_03
外に出るなり大きな複眼に写ったのが白く優しい花で良かった。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
待望のタニシGet!
- 2009/06/13(Sat) -
石や岩に藻類がはびこって困ります。
当初から「タニシをタニシをぜひ」と思っていましたが意外と入手困難。

先日近くの休耕田で見つけてきました!!
タニシ200906_01
ねころぐ池にたった五匹…。
いずれタニシがはびこって困ることになるか否か。
この記事のURL | 生き物たち | ▲ top
ミズヒナゲシ開花!?
- 2009/06/11(Thu) -
ウォーターポピー早くも開花。さすが…。
ワスレナグサ200906_01
ではなく、真上のワスレナグサの落花。 絶妙。
最後の最後まで「忘れないで」と。
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
ヒメフトイの秘密
- 2009/06/10(Wed) -
長方形盆栽鉢一号のヒメフトイ。
彼女には隠し子が居るのをお気づきでしょうか?

冬には自らを犠牲にして寒さから守り、健気な振る舞いに頭が下がります。
今は風を和らげなおかつ陽射しも微妙に確保。
ヒメフトイ200906_01
見えますね。フイリセリ。
ヒメフトイ200906_02
長方形だからでしょうか。
とっても面白い情景が出来上がっています。

もうすぐこの竹棒にトンボがやってきます。

この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
アジサイ競演
- 2009/06/09(Tue) -
曇天のねころぐガーデンに五種類のアジサイが上品な彩りを添えてくれています。
アジサイ200906_04  アジサイ200906_02
アジサイ200906_03  アジサイ200906_05
アジサイ200906_06  アジサイ200906_08
山野に自生するのはガクアジサイ。
アジサイ200906_07
こちらの良さが最近分かるようになったオヤジ。
この記事のURL | | ▲ top
ゴマの人気度
- 2009/06/08(Mon) -
我が家のトイレ。
女子はこれを見ながらスッキリします。
ゴマ200906_03
男子はこちらでほっとします。まんなかと右は娘の鉛筆画。
ネコ200906_04
我が家の年季の入ったダイニングテーブル。
全員これを見ながら舌鼓を打ちます。
ゴマ200906_04
誰もはがそうとはしない(笑)。


この記事のURL | ネコ | ▲ top
カヤツリカヤツリ
- 2009/06/07(Sun) -
なんども登場する大好きなシラサギカヤツリ。
冬場に刈り込み過ぎてとても後悔していましたが今シーズンも元気に顔見世してくれました。

相変わらず美しくも可憐。
カヤツリ200906_02
仲間が増えたね。
カヤツリ200906_03
カヤツリツーショット。
カヤツリ200906_01

「良い!」
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
栄養満点その2
- 2009/06/06(Sat) -
例のメダカ専用屋上共同露天風呂がなにやらいつもと違う雰囲気。
近づいてみると…。
あやしく蠢くチビッコたちの正体はミナミヌマエビのベイベ。
ミナミヌマエビ200906_02
ここならねころぐ池のJAWSクチボソに襲われる心配なし。
なぜかメダカたちも遠慮している様子。

メダカのタマゴや稚魚、ミナミヌマエビの稚エビ。
クチボソが貪るようにグルメってます。全員メタボ状態。
み?んな無事大人になったらとんでもないことになるわけで、うまくできていると考えることに。
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。