スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夜のねころぐ池
- 2009/05/31(Sun) -
雨の日が続きました。

雨上がりの夜のねころぐ池の姿も最近のお気に入り。
ヒメホタルイの手前ではまたもや茶碗バスエレクトリックパレード。
池200905_21
雨水を湛えて静かにメダカと朝を待つプランツたち。
まさしく浮上中のスイレンの浮葉や環境に馴染もうと努力中のカヤツリ。
カヤツリグサ200905_06
みな一気に伸びる準備万端。ハスの浮葉もこんなに大きくなりました。
ハス200905_03

こんなときの夜明け以降に人知れずぐんと生長するんですよ。きっと。
スポンサーサイト
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
アメリカハンゲショウとポンテデリアもやってきた!!
- 2009/05/30(Sat) -
アメリカハンゲショウは「白いしっぽ」が咲きます。
大事にしないとえらいことになります(笑)。

右アメリカハンゲショウ、左ポンテデリア(のはず)。
アメリカハンゲショウ200905_01
殺風景だった注水口付近が一気ににぎやかになって大満足!
こちらはただ鉢植えしてセットしただけに見えるでしょう?
その通りなんですがじつは壮大な計画が持ち上がっています。
注水口付近200905_01
ご覧の通り、ウォータークローバーヨーロピアンが井戸水の通り路を埋め尽くしています。
そこで「和」のワンドと対照的に「洋」の注水口付近はどうかと…。
基本純日本風なのでトクサやクマザサがちょっとそぐわないですが新たなチャレンジ!

むくむくと新たな構想が。その情景が勝手に目に浮かびます。
【水交会】記念のこの子たちが育ったら得意の赤玉土大造成を敢行することになるかも。
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
ウォーターマッシュルームもやってきた!
- 2009/05/29(Fri) -
むむっ。
これはあきらかに増殖タイプ。
キラリと光るねこぼーし光線を察してねころぐルールとしては小さめの鉢に納めました。
ウォーターマッシュルーム200905_01
とても力強い根っこが密集していましたからすぐに馴染んでくれるはず。
いっぱいに覆われたウォータークローバーヨーロピアンとイメージが合うと考えて水温低めの注水口
付近に鎮座させました。
ちょっと疲れたふりしていますが油断大敵。
鉢からあふれるようになったら遠景を楽しめることになる予定です。
楽しみ!
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
カヤツリグサがやってきた! その2
- 2009/05/28(Thu) -
和空間にぜひ導入したかったカヤツリグサ。
一番立派な株は禁裏御用池ワンドへ。
カヤツリグサ200905_03
カヤツリグサ、トクサ、シラサギカヤツリがヒツジグサ様とヒメスイレン様をお守り申し上げることに。

掃除後のにごり池状態で赤玉土に違和感ありますがこれがまた自然の力でそのうちいい感じになる
はず。
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
カヤツリグサがやってきた!?盆栽ビオトープ
- 2009/05/27(Wed) -
長期出張からの帰宅とともに【水草交換会】のリターン便がはるばる広島から届いていました。

アサザ、トクサ、ウォーターポピーの見返りはカヤツリグサ、アメリカハンゲショウ、ウォーターマッシュ
ルームにポンテデリアがさらにサービスの大判振る舞い。
チャームねこぼーし便は気前がよろしい(笑)。
ありがとうございます。

こうなったら出張の疲れもなんのその。
大掃除決行のあとに一つずつセッティング開始。
みんな元気!

まずはカヤツリグサ。
丈夫そうな株が四つも!!
「う?む。」
ねころぐ池育ちのアサザを見事に演出した'水鉢の魔術師'に対抗するには…。

こういうのどうよ?
カヤツリグサ200905_01
裏庭にあった盆栽鉢に三株まとめ植えして小石をレイアウト。
カヤツリグサ200905_02
早速メダカ探検隊ご来場。
カヤツリグサ200905_05
生長とともに見る影もなくなると思いますがヒメフトイと並べて悦に入っています。
カヤツリグサ200905_04
高さ調整でブロックにかました板が見苦しい…。
いずれ工夫してみることに。
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
ファイヤークレスト留守中開花
- 2009/05/25(Mon) -
出張中にファイヤークレスト初開花。
一昨日同居人からのケータイNEWSが届きました。
ファイヤークレスト200905_1
開花二日目の雨の日の画像を送ってきてくれました。

自分の浮葉にひっかかっている様子。
出張先に同居人からのわざわざ開花情報。
嬉しくも癒され、そして悶もん(笑)。
この記事のURL | スイレン | ▲ top
ヒメスイレン復活
- 2009/05/23(Sat) -
唯一影も形もない鉢になっていて枯死したと思っていたヒメスイレン。
(ロードショーでメダカ侍が騒いでいたのはオドラータかファイヤークレストでした)

池から引き上げずにいたところ…。
ヒメスイレン200905_01
しっかり浮葉を伸ばしてきました。

おとなし系同士ということで禁裏ワンドはヒツジグサとヒメスイレンご同居に変更。
戻るころにはもっと元気になっているでしょうか。
この記事のURL | スイレン | ▲ top
一週間前
- 2009/05/21(Thu) -
一週間後の自分に一週間前の状況を予約。1wタイムカプセル(笑)。
完全装備大掃除後でにごっています。
本池200905_01
向こう岸のまんなかでもユキノシタがごあいさつ。
ヒメフトイとヒメホタルイが伸び盛り。
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
ヒツジグサ第二輪
- 2009/05/19(Tue) -
初開花一週間後の休日にも別の一輪が咲きました。孝行者です。
ヒツジグサ0905_05
真上からの姿もまた均整のとれた美しさ。
ヒツジグサ0905_06
こじんまりしていて清楚なたたずまいがなんともいえず…。
この記事のURL | スイレン | ▲ top
ユキノシタの風情
- 2009/05/18(Mon) -
池のほとりにヒラヒラ揺れる白い紙縒り。
ユキノシタ200905_01
散ったのではありません。
「わたしは生まれつきこうなの。」
ユキノシタ200905_02
変則花びら3:2。

湿ったところがお好みのようでねころぐ池の周りの岩場の間のあちこちに顔を出してくれています。
この記事のURL | | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。