スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
往く年
- 2008/12/31(Wed) -
我が家にやってきて16回目の大晦日。
マリ_05
無事16回目のお正月を迎えることができそうなマリ(My daughter撮影)。
スポンサーサイト
この記事のURL | ネコ | ▲ top
腐葉土?
- 2008/12/30(Tue) -
押し迫りました。今年も。

春からせっせと積んだ剪定クズや池への落ち葉など2008年の残骸をご紹介しておくべきかと。
ゴミですからこんなに大きく見せる必要もないのですが。
堆肥
狭いスペースなので気が向いた量しか積みませんが浴槽の高さ位まで積んでもいつのまにかこれ位
になっています。その繰り返し。
切り返してみると。
堆肥_01
おお。なかなかいい感じの土に還っています。
2008年ビンテージ(笑)。

と思ったら先日のウォーターポピーの手入れで2009年に向けて新たな熟成準備開始。
堆肥_02
この記事のURL | | ▲ top
大掃除:ワンドの水面復活!
- 2008/12/29(Mon) -
最多大量長期開花を楽しませてくれたウォータポピーですがそのあまりの増殖パワーにはあきれま
した。
大好きなワンドが完全制覇されている光景はなんどもご報告済みです。
ワンド_01
お正月も間近だし奮起一発、掃討作戦敢行。
ワンド_02
ものすごい量。底はまだ根っこがあちこちに。
元はといえばまんなかの青い鉢に数枚の葉を出したポット苗を植えかえて沈めただけだったのに。
引っこ抜いてわかりましたがワンドの容積ぜんぶ独占状態でした。
ワンド_03
トクサとシラサギカヤツリに囲まれてヒツジグサとヒメスイレンがひっそり姿を見せる和風ねころぐガー
デンのスペシャルステージになる予定だったワンドの久々の登場です!

まだ底土にはウォーターポピーの根っこがあちこちにはびこっていますから来シーズンも必ずや逆襲
してくるに違いありませんが次回は厳しく油断のない対処で返り討ちにさせていただく所存です。

アマゾンフロッグピット&アオミドロ掃討作戦も宣言されましたが生き物のためにも順々に。
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
ビオトープ花野
- 2008/12/28(Sun) -
10月に職場のある新梅田シティの「中自然の森」をご紹介しました。
今月の出張で北側にある「花野」がまさしく「ビオトープ」精神?に基づいたスペースに
変身しているのを発見したのでそのご報告。ケータイ画像です。

もともとフラワーガーデンっていう感じだったのですが、日本の知恵「里山」を参考にした
ビオ公園になっています。
花野_03
畑も田んぼもある本格派。メダカもタニシも。
花野_02

好感度大となったのはこんな小さな看板たち。
花野_01
あちこちにそこの環境に合わせた質問形式の案内看板が設置されています。
景観を損なわない程度に。

昼休みに片っぱしケータイパシャパシャ。
被写体は看板ですからさぞかし変なオヤジと思われたことでしょう(笑)。

撮った看板の内容を書き出してみますね。

●畑の野菜が虫に食べられてもいいの?
  この畑は無農薬栽培で100点満点の野菜づくりではなく、50-60点を目指してい
  ます。虫も一生懸命生きています。少し分けてやりましょう。
●なぜ畑の中に雑草があるの?
  必要以上に雑草を抜くと土が乾燥してしまいます。野菜だけを残すと虫が野菜を
  集中的に食害せざるを得ない状況になります。
●なぜ雑草があるの?
  例えばカタバミは雑草ですがヤマトシジミという蝶の幼虫はカタバミを食べて大き
  くなります。生き物には役割があって不要なものはありません。
●なぜ池があるの?
  田んぼは稲作時には水を張っていますが冬季には水を落とします。一年中水を
  必要とする生き物にとってため池が貴重な生息の場になります。
●なぜ落ち葉は掃除しないの?
  落ち葉は土壌生物など生き物の住みやすい環境作りに役立ちます。また落葉は
  腐葉土になりやがて樹木を育てます。
●なぜ苗木があるの?
  いろいろな世代の樹木があることによって庭に変化がでます。ここでは野鳥が
  糞と一緒に落とした実生苗もできるだけ育てています。
●なぜ雑木が斜めに植えてあるの?
  自然界では真っすぐに育っている植物は少なくその場その場の環境に合わせて
  生きています。一本ではなく全体として見れば自然な形なのです。
●なぜ野鳥を大切にするの?
  シジュウカラという鳥は一年間になんと12万匹の毛虫を食べてくれます。彼らの
  活躍で害虫の異常発生が抑えられるのです。
●丸太を組んでいるのは何?
  これはほだ木といいます。雑木林を管理するなかで発生するクヌギやコナラなど
  の間伐材にシイタケ菌を打ち込んで利用しています。
●なぜ藁を敷いてあるの?
  敷き詰めると土が締まりにくくなる上除草効果さらには保湿効果が期待できます。
  またコオロギなどが生息する場にもなります。
●どうして花の種類がこんなにあるの?
  花の蜜は蝶や蜂などの昆虫にとっては重要な食べ物です。花の種類が多いと開花
  リレーが長く続きます。

てな具合。
目の前が実際にそうなっているから本より説得力ありますね。

酸いも甘いも嚙み分ける微妙な手入れ。
直接の管理者はただものではないに違いない。

コンセプトが長く続くことを祈るばかり。

それにしてもクリスマスも年末年始もほとんど関係ない忙しさが悲しい。
この記事のURL | 散歩 | ▲ top
クリスマスローズふたたび
- 2008/12/27(Sat) -
花が咲いた状態の売れ残り大特価のクリスマスローズの鉢植えを買ってきてを植えた記憶があり
ます。今年の話ですが今や跡形もありません。
みんな簡単だいうのに。

先日ホームセンターでポット苗を売っていたのでリベンジ。
クリスマスローズ
奥のワイルドストロベリーも二つ植えて一つ残ったのでクリスマスローズも白いのとピンクのになる
はずの二つにするセーフティネット発想(笑)。
二種類楽しむというよりどっちかはがんばってくれるのでは、という。

「落葉樹の下で風通しもよく、」地植えの場所としてはBESTですが、
「1?に対して堆肥20lと少量の緩効性化成肥料をすきこんで」などの教えは暗くなってきたことを理由
に割愛。発酵油粕があったので気休めにパラリ。

ざっくり対応ですが果たしてどうなるか楽しみ。
この記事のURL | | ▲ top
緑の絨毯
- 2008/12/26(Fri) -
低く、足長の冬の陽射しが創る緑の廊下。
二匹のヒメダカが横断中。
メダカ_15
こうして見るとアオミドロもまんざらでもありません。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
不満
- 2008/12/23(Tue) -
ここはアタシの場所なのに。
マリ&ゴマ
我が家では珍しいツーショット。
ちょっと離れていたら定位置をゴマに占領されて不満げなマリ。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
朝の水分補給
- 2008/12/22(Mon) -
ここ、ここ。
ゴマ_66
ミネラルたっぷり。

そこ、舞姫のステージが…。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
枯れオモダカとブチメダカ
- 2008/12/21(Sun) -
痩せ気味のブチと水中落ち葉に冬光線。
枯れたオモダカの葉の影をそっと泳ぐ姿に哀愁(笑)。
メダカ_14
保護色状態。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
芽吹き準備
- 2008/12/20(Sat) -
静謐な空気と緩い陽光。
日に日にじわじわ膨らみを増す花芽たち。うめえ?は咲いい?たぁかぁ♪
ウメ_01
枝垂れ桜は花芽も地面に向かって。さくうぅぅらぁ?はまだかいな♪
シダレザクラ_01
ねころぐビオトープ池を囲うように花咲くのが楽しみになってきました。
この記事のURL | | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。