スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「半分は妖精のためにとっておく」
- 2008/11/23(Sun) -
我が家の「左門柿」の収穫第二弾実施。軽トラに脚立を立てて。最後はよじ登って。
これが最上部の恵み。
柿_03
ねころぐガーデンのビオトープ指南書のひとつに英国の民話や童話によく出てくる「半分は妖精のた
めにとっておく」という言葉が紹介されています。
共生のルールととらえるわけですね。いい言葉です。
家庭菜園ですら虫たちにもおすそ分けを推奨していました。虫を探しにカナヘビや鳥たちがやってきて
自己完結すると。
柿_04
ムクドリやメジロへのプレゼントに「二十分の一はとっておきました」(笑)。
う、う、う、写りが悪いですが右の枝に20個以上は残っています。
スポンサーサイト
この記事のURL | | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。