スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
影ねこ法師
- 2008/11/29(Sat) -
逆光の中のゴマの後姿。
ゴマ_61
ブラックアウト。
スポンサーサイト
この記事のURL | ネコ | ▲ top
「なにしてんの?」
- 2008/11/27(Thu) -
屋根でカメラ構えていたら西方面にゴマ発見。
ゴマ_59
ヒイラギの上のほうになにかいるみたいでお気に入りスペースの切り株からチェック中。
ゴマ_60
と思ったら、屋根の上のオヤジに気づいて「そっちこそそんなとこでなにやってんの?」
この記事のURL | ネコ | ▲ top
ねころぐ池全景
- 2008/11/26(Wed) -
屋根に突っ立ってへっぴり腰で撮りました。
池_全景
左の注ぎ口方面と左下のワンドが…。
もっとも日本風な水景でお気に入りスポットだったはずなのに。草原にしかみえない。
ウォーターポピーが岩半島の上まで進出中なのがよくわかります。

一年前はまだ涸れ池物干し場だったって自分でも信じられない光景です。
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
サンゴ?
- 2008/11/25(Tue) -
ねころぐ池の全景を撮影しようと屋根からあちこち見下ろしてみたら。
ドウダンツツジ
真上からのドウダンツツジとイヌツゲの玉造が新鮮な眺めでした。
一時熱中していた海水アクアリウムの無脊椎…。
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
「半分は妖精のためにとっておく」
- 2008/11/23(Sun) -
我が家の「左門柿」の収穫第二弾実施。軽トラに脚立を立てて。最後はよじ登って。
これが最上部の恵み。
柿_03
ねころぐガーデンのビオトープ指南書のひとつに英国の民話や童話によく出てくる「半分は妖精のた
めにとっておく」という言葉が紹介されています。
共生のルールととらえるわけですね。いい言葉です。
家庭菜園ですら虫たちにもおすそ分けを推奨していました。虫を探しにカナヘビや鳥たちがやってきて
自己完結すると。
柿_04
ムクドリやメジロへのプレゼントに「二十分の一はとっておきました」(笑)。
う、う、う、写りが悪いですが右の枝に20個以上は残っています。
この記事のURL | | ▲ top
陽射しがたまらん その2
- 2008/11/22(Sat) -
ゴロンゴロンしたあと…。
ゴマ_58
「ぼぉ??」
この記事のURL | ネコ | ▲ top
陽射しがたまらん
- 2008/11/21(Fri) -
本日最高気温13度水温11℃。雲一つない秋晴れ。
メダカ_12
晩秋落ち葉もなんのその。「陽射し大好き」。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
ヒイラギの花
- 2008/11/20(Thu) -
庭の西側の2mほどの背丈のヒイラギ。
ヒイラギ
ホーリーではありませんがホワイトクリスマス予告編。
この記事のURL | | ▲ top
三度目のカマキリ
- 2008/11/19(Wed) -
「こんにちは」「こんばんは」。の次に殺菌剤で追い出してしまったカナメモチ生垣の住人の次の世代
が準備されていました。
またまた生垣殺菌作業中(週一回の定期業務)に例のカマキリのタマゴ発見。
カマキリ君ではなくてカマキリママだったようです。
カマキリ_04
先週のママに続いてダコニール1000倍をたっぷり噴霧後に気付きました。
「親子ともどもまことに申し訳ない。」
カマキリ_05
しかもせっかくママが微妙に死角となる居心地のよい場所に産んでくれたのに斑点病の葉っぱを
オヤジが枝ごと切り取ったばかりにむき出しに…。
「どうかご無事で」
この記事のURL | 生き物たち | ▲ top
武者修行改め学力修養
- 2008/11/17(Mon) -
ツオイ敵がたくさんいる世間でのし上がるよりいろんな知識を身につけて得意な分野で生きることに
しよう。ていうか世の中は厳しかった…。
これからは勉強勉強。
ゴマ_56
考え事しながらペン回しだってホラ…。
ゴマ_57
ちっちゃいニイチャンの大学受験勉強に自ら参加中。
家族全員「勉強のじゃまだって」って言いながらも誰もどかそうとはしません。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。