スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アマゾンフロッグピット
- 2008/10/20(Mon) -
剪定作業後陽射しが増えたからでしょうか。アマゾンフロッグピットが突然の大増殖。仕事の関係で
10日間ほど経ってワンドをふと見ると。
これはいったいぜんたい…。
アマゾンフロッグピット_03
ウォーターポピーはワンドいっぱいに盛り上がるは、アマゾンフロッグピットは仕切り(ウォーターポピ
ー増殖が止まっているあたり)を超えて沖へ沖へ。
気温の低下と争いながら勢力拡大に目覚めた様子。
こうなったらどこまで頑張るか見届けるのも一興。伸びるにまかせることにしました。
アマゾンフロッグピット_02
しかもデカイ。10円玉どころではありません。ヒメスイレンの浮葉より一回り以上大きい。
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
池景
- 2008/10/19(Sun) -
剪定作業ですっきりしたので西側からも撮れるようになりました。
池_西側から
手前の器? 野鳥の水浴び用のつもり。
ネコが徘徊していて利用者があるわけもなく(笑)。
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
木登り
- 2008/10/18(Sat) -
イヌみたいなっ!!ゴマも外にいるとちょっとは野生の本能を見せてくれます。
ゴマ_46
アカマツに登ってなにか獲物を狙っているところ。
「この辺に居るはず…。???…。なにも居ない…???」
完全に手おくれだったみたいでこのまま十秒フリーズ後Uターン(笑)。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
明るくなったねころぐガーデン
- 2008/10/17(Fri) -
先週プロ三名部隊の剪定作業が入りました。一日中見学(笑)。
見積もり対象:高木2本、中木24本、低木一式、生垣一式&剪定枝葉処分一式…。
剪定作業_05剪定作業_04
まあ大胆な刈り込みとすかし剪定で一気に明るくなりました。
たとえば池の注ぎ口付近のもりもり状態だったウメの木。
剪定前↓
剪定作業_06
剪定後↓
剪定作業_07

明るくなった分、池のアオミドロがまた元気になりそうないやな予感。
この記事のURL | | ▲ top
オモダカ群生
- 2008/10/13(Mon) -
ヤジリ状の葉が好きで何度も登場させたオモダカ。
めずらしくブラブラ歩いて近所のコンビニまで出かけた帰り道。ちょっと遠回りしてみたら。
オモダカ_11
こんなになった休耕田が目の前に。買いに行く必要なかったじゃん…。
歩きついでに途中の用水路でも撮ろうかとデジカメを持っていたので収めてきたわけです。
オモダカ_12
こっちは稲刈りが終わった田んぼ。いたるところこんなでした。

興味がなかった昨年までならなんとも思わずというより気にもかけなかったので身近にこんなところ
があったとはつゆ知らず。
この記事のURL | 散歩 | ▲ top
要注意!!
- 2008/10/11(Sat) -
出たっ!! 激痛っ!! これが噂の…。
大画像にする必要もありませんが。
イラガ
苦手なかたはごめんなさい。イラガ。
先日剪定作業をお願いした職人さんが刺されてました。すごく多いと注意を受けちゃいました。
キレイといえばキレイ。ウミウシみたい。
この記事のURL | | ▲ top
ナガバオモダカおそらくファイナル
- 2008/10/09(Thu) -
今シーズン最終花と思われますから記念撮影。
ナガバオモダカ_04
大きな刈り込み鋏を伸ばしてやっと届く位置にセットしてしまったので手入れがいいかげんで荒れ
果てた感じですがお構いなしに咲いては散り咲いては散りを繰り返していました。
もう少ししたら葉だけにして越冬準備体制突入です。
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
ウォータークローバーの逆襲
- 2008/10/08(Wed) -
本池の緑は徐々に少なくなりつつありますがこれまた季節の移ろい。
そんななか今までの劣勢を挽回するかのように注水口付近のウォータークローバーヨーロピアンが
元気に陣地を拡げ始めました。
ウォータークローバー
鮮やかな黄緑。プロペラのおもちゃのようで物静かな秋を賑やかしてくれています。
フイリセリとは共存することにしたみたいで自然のバランスってたいしたものだと感心至極。

それにしてもここのトクサはなにゆえネジネジ?
この記事のURL | 水生植物 | ▲ top
ビオトープ
- 2008/10/06(Mon) -
気温の低下とともにスイレンたちの季節は過ぎ去りつつあります。
「ビオトープ」は水辺とは限りません。石積み、堆肥場、野草、庭木、落ち葉などなど生き物の棲家と
なる環境の総称かと。

昨年末に庭池復活。
今春から晩夏にかけて水生植物の栽培に初挑戦して水辺環境の多様性に次々と新しい発見があり
ました。
同時進行しながら、そろそろ虫たちの越冬場所の確保も兼ねて庭木の冬仕度にも取り掛かろうと。
庭木_01
といっても庭木の種類も把握していない素人にはとても無理なので剪定をプロに依頼しました。
丁寧な安心できる見積もりのおかげで庭木の種類を把握することができました。

ウメ5本、レンギョウ、モッコク、ノムラモミジ、イヌマキ、ツゲ、サルスベリ、サクラ2本、マンサク2本、
モッコク、アキニレ、ハナミズキ、ツゲ、ニシキギ、ボケ、キャラボク、ヒイラギ、カナメモチ、ツツジ、
アカマツ、クロマツ、ゴヨウマツ…。

これら庭木の間にさまざまな球根植物や宿根草が息づいているわけで和風ビオトープガーデンを目
指して四季折々の楽しみ方にチャレンジです。
数日後には樹木医、一級造園施工管理技士、グリーンアドバイザーなどなどからなるガーデンエクス
プレス部隊が作業に来るのが楽しみ…。

きれいになったらしばらく庭木ブログになるかも(笑)。
この記事のURL | | ▲ top
ミミの観察会
- 2008/10/05(Sun) -
めずらしくミミが夜のねころぐガーデンを観察中。
ミミ_07
なんでこの子はいつもこういうふうにベトッと座るのか。お尻冷えないのか。

15年以上居るというのに登場回数最少のマリばあちゃん。
マリ_02
オチもなにもなく出場(笑)。
この記事のURL | ネコ | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。