スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アオミドロ処分 その2
- 2008/09/29(Mon) -
思わせぶりな日記になりましたが昨日の続き。
何がたいへんかって一回掬うたびにアオミドロを棲み家とするエビや稚魚、ヤゴなどを救出しなければ
ならないこと。
ミナミヌマエビ_01
ガバッと網いっぱいに救うと一回当たりこんなくらいは一緒に混じってきます。
ミナミヌマエビ_02
濡れ髪のようなアオミドロの隙間から少しでも犠牲者を少なくするための救助がたいへん!!
昨日のアオミドロの山には悲運にも発見されなかった稚エビなどが大量に埋もれているはずです。
飛び出して跳ねて存在を示すのも居ますが100%池に戻すのは不可能…。

掬うたびにかがんでアオミドロと悪戦苦闘すること数十回。
もう腰が…。そういうたいへんさでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。