スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
井戸水注ぎ口造成
- 2008/06/20(Fri) -
最初にご報告の通り、漏水庭池は井戸水掛け流しで水位を維持しています。
その注水口近辺は浅い造りになっています。
いつかそこを湿地状にしようと考えていましたがずっと手つかずでした。
で。
同居人が全然湿っ気のない庭の片隅に見つけたトクサと元気に増殖中のアサザを一部
移植しようと先日着工。
ウォーターポピー
相変わらず超手抜き工事ですがけっこう気に入っています。
庭にころがっている石で堰きとめて赤玉土をザザッ。左上が注ぎ口。
第一段は湿潤状態、第二段は水深2-3cmにしました。
移植も含めて30分。井戸水も多少は浄化されることでしょうから一石二鳥。

早速浅瀬大好きメダカたちが探検しています。
ただでさえ冬場は温かい井戸水の人気スポットでしたから今度の冬はますます大人気の
越冬スポットとなるでしょう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。