スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
キクラゲ のはず。
- 2008/06/06(Fri) -
隣家にはみだすからと伐採された木の幹ににこんなものが生えて
いました。

キクラゲ キクラゲ_2

十中八九、キクラゲ(木耳)。
雨が続いていましたから一気に成長したんでしょうね。
さすがに乾燥させて調理してみる勇気は同居人にもないみたい。
スポンサーサイト
この記事のURL | | ▲ top
来訪者
- 2008/06/06(Fri) -
庭池がどんどんにぎやかになっています。
ウォーターポピーとアマゾンフロッグピットも仲間入りでいつのまにか
20種類近い水生植物栽培中。

もともと「ビオトープ」とかいうのに魅かれたわけですがメダカやクチボソ、
ミナミヌマエビが勝手に産卵繁殖しておもしろくなってきました。
どこから飛来したのかアメンボも増殖中です。

今日はシオカラトンボもやってきましたが撮影不能。

クマバチ 池にせりだすようにして
 咲いているガクアジサイ
 にやっていきたクマバチ
 はなんとかその姿を捉え
 ることに成功しました。
 「飛べる」ってすごいこと
 ですねぇ。


底のほうではもうヤゴも生息しているんでしょうか。
この記事のURL | | ▲ top
第二次越冬隊?
- 2008/06/06(Fri) -
発泡スチロール稚メダカ観察箱のなかは今やメダカのベイベだけでも
300匹以上が泳いでいます。
二週間の差でもずいぶんサイズが違っていてそのうち淘汰されるので
しょうか?

仕事から帰ってからのぞいて楽しんでいますが先日新たな発見があり
ました。

発見その1
ミナミヌマエビ_1 なんと卵をいっぱいかかえたミマミヌマ
 エビがまぎれこんでいました。第一次
 越冬隊
エビ班も健在だったわけです。
 しかも自ら第二次越冬隊を編成しつつ
 あるのですから頼もしい限り。
 メダカのベイベと一緒に育つのかどうか
 またひとつ楽しみが増えました。

発見その2
クチボソ_1 わかります?
 まんなかあたりの稚魚。
 庭池にはたくさん泳いでいます。
 成長した稚メダカだとばっかり思ってい
 たのですが近くで見るとどうやらこれは
 クチボソのベイベだったようです。
 泳ぎ方もお姿も全然違います。



がばっと網で掬ったときに偶然にもメダカ隊とは別働隊のミナミヌマエビ
クチボソの第二次越冬隊予備軍も参加していたことは大きな発見と喜び
です。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。