スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オモダカが動く時
- 2011/08/25(Thu) -
 前記事のオモダカが釣りのウキのようにピクピクッ。
 メダカ201108_08 ねころぐ
 いろんな植生でややこしい水面に入り込んでメダカが産卵中の合図。
スポンサーサイト
この記事のURL | メダカ | CM(0) | ▲ top
ベビーブーム
- 2011/08/02(Tue) -
 今シーズンの無事成長Babyの多さには驚かされる。
 メダカ201108_01 ねころぐ
 産卵が盛んなのか生存率が高いのか理由は不明。
 メダカ201108_02 ねころぐ
 ただいま目視ざっくり総数約400尾。

この記事のURL | メダカ | CM(0) | ▲ top
トビウオ
- 2011/05/22(Sun) -
 池の手入れと水生植物のチェック中。
 鉢植えトクサのご機嫌はどうだろう?
 メダカ201105_01 ねころぐ
 ウォータークローバーヨーロピアンも土に混じっていたらしい…。???
 あれ?なんで?どうやって?
 メダカ201105_02 ねころぐ
 ねころぐ池の水位は最大でもこれより1cm高くなる程度。
 水面から鉢の縁までどう見ても2-3cm。

 いたずらする子供が居るわけでもなく、ジャンプして着水地点を誤ったとしか考えらません。
 ときどき跳ねるのを目撃することがあるけどいったいぜんたいアナタはいつからここに…。

 けっこうお気に入りの様子でしたがここでは干物になったり茹だったりする危険があるので池にお帰り願い
 ました。
この記事のURL | メダカ | CM(2) | ▲ top
今はここが一番
- 2010/11/09(Tue) -
ねころぐ本池は大掃除で殺風景なにごり池状態。

雨が多かったこともあって、皮肉にもノーメンテ浴槽ビオがただいま一番美しい。
浴槽ビオ201011_01 ねころぐ
五匹のヒメダカがワンペアにまで淘汰されていましたが三匹の稚魚が無事育っていました。
本池と違って隠れ場がない浴槽ビオでは生存競争が厳しいようです。

100匹くらいにすればバランスとれるんでしょうが、そうするとエサあげるようになって屋内水槽飼育大型版みたい
になっちゃっいますから我慢我慢。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
猛暑日もなんのその
- 2010/09/02(Thu) -
強烈な陽射しがなにもかもを白く見せる。
ヒメダカ201008_01 ねころぐ
スイレンの浮葉が作る浅瀬がお気に入り。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
Rendez-Vous
- 2010/05/21(Fri) -
注水口付近のハンゲショウ-ポンテデリア間はデートおよびナンパの人気スポット。
このあたりで声かけて…。
メダカ201005_05 ねころぐ
ちょっと木陰にリードしてみたり…。
メダカ201005_06 ねころぐ
岩陰に誘ったり…。
メダカ201005_03 ねころぐ
昼間っから…。

ええな?(爆)。

この記事のURL | メダカ | ▲ top
水温15度
- 2010/04/19(Mon) -
特に水温高めのワンドでなにやらミーティング中。
メダカ201004_01
底から不気味に伸びるトクサといい水の色といい、とても庭池とは思えない…。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
活動開始
- 2010/03/30(Tue) -
ねころぐ池にも春到来。
メダカ201003_01
風弱く陽射しのあった今日はメダカもじわじわ活動し始めました。
メダカ201003_03
ハンゲショウの芽吹きとともに。
メダカ201003_02
さぁて今シーズンは何が起こるかまた楽しみ。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
ヒメダカ三世代?
- 2009/10/28(Wed) -
澄み渡る秋の空と秋の水。
メダカ200910_11
ヒメダカ大中小。
クロ小もおわかり?
この記事のURL | メダカ | ▲ top
稚メダカスイスイ
- 2009/08/25(Tue) -
昨年よりたくさんベイベが泳いでいます。
クロメダカが圧倒的に多いような感じです。

スイレン近辺をウロウロ。オトナのメダカとツーショット。
メダカ200908_04
浮葉の茎のところ。

クルリと右回りにシンクロした直後です。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
メダカとヒメスイレン
- 2009/08/21(Fri) -
ヒメスイレンはメダカたちのオアシス。

ヒメダカとクロメダカのダンス。ちょっと太りすぎ(笑)。
メダカ200908_02
ダンスのあとはすてきな日陰でひとやすみ。
メダカ200908_03
この記事のURL | メダカ | ▲ top
強い子
- 2009/08/14(Fri) -
自力アサザをご紹介した放置浴槽ビオトープ。
といっても水汲み用でもともと意識したビオトープではありません。

アサザが咲いた隣の浴槽に。
メダカ200908_02
体長約15mmのチビッコメダカが一人ぼっちで泳いでいるのを目撃。
メダカ200908_01
間引いたけれど捨てるに惜しいねころぐ池水草に付いていた卵から孵ったんでしょう。

しばらくここで様子をみることに。
ええ感じのブチメダカです。
がんばれ。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
メダカの群泳
- 2009/07/25(Sat) -
7月に入ってからどうみてもメダカが100匹は消えているねころぐ池。
ご遺体は一度も目撃していません。
大量に棲息するヤゴの採食が活発になるからでしょうか。

昨シーズンは稚メダカの成長を期待して減るにまかせていましたが、ちょっと出かけたついでに行きつ
けのショップで例によって餌用格安メダカを300匹購入。

じゅうぶんに水合わせして一気に解放。
このときの群泳を見るのはほんとに楽しい。

「わおっ! 広いぞみんな!」みたいな(笑)。

最初は必ず群れてグルグル偵察。
メダカ200907_06
全員全力疾走。
メダカ200907_07
「この辺いい感じじゃん♪」
メダカ200907_08
「時計回りで一周してみっか。」
メダカ200907_09
スイスイっと。
メダカ200907_10
第4コーナー。二手に分かれたものの右の方は…。
メダカ200907_11
「行き止まりじゃん。要チェック!」
メダカ200907_12
新入りの群れには先輩メダカも参加するしきたりですが。
コイツは一人泰然自若。
メダカ200907_05
「ずいぶん嬉しそうで騒がしいこと。けっこう生存競争厳しいのも知らないで…。」
この記事のURL | メダカ | ▲ top
メダカの避暑地
- 2009/07/19(Sun) -
井戸水注水口付近の水温は20℃前後。
アオミドロの進出もなくつねに清涼感溢れるスポット。
色とりどりの水景が心をなごませてくれます。
メダカ200907_01
実際にはご馳走を探しにやってくるのでしょうが…。
メダカ200907_03
クロメダカの小学生も。
メダカ200907_02
40-50cm四方の浅瀬。アメンボとごあいさつ。
メダカ200907_04
順番に入場するルールがある様子。

「涼を求めて」に違いない。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
メダカの遊び場増設のはずが…。
- 2009/06/24(Wed) -
盆栽カヤツリの水位調整にかました板が見苦しかった.。「切ればいいじゃん」という意見もごもっとも。
が、しかし。板をずらせばスペースが空いてそこにも…ニヤリ。

先週の休日これ以上はないピッタリサイズの盆栽鉢を裏庭で発見!

でも結局こうなりました。さすがに増やすのは止めよう。大人になろう。土を練るパワーもない。
カヤツリグサとのバランスがとれるプランツも思い浮かばない。
メダカ200906_05
浴槽ビオトープで育ったカボンバを放り込んで終わり。
メダカ200906_04
早速メダカたちご来場。
けっこういい考えかも。
ねころぐ池にわざわざ産卵床を作る必要もありませんがお気に召せばどうぞご利用ください。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
栄養満点?
- 2009/06/04(Thu) -
最近メダカたちがどうも沿岸部に集まりがち。
メダカ200906_03
なんのことはないベイベを追っかけまわしているわけです。
メダカ200906_01
沿岸部ではあちこちでメダカとクチボソとヌマエビのベイベが右往左往しています。

運の悪い子はとうちゃんかあちゃんのお腹に逆戻り。
食べてるところを目撃したことはありませんが。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
メダカの産卵床
- 2009/05/06(Wed) -
メダカ、ミナミヌマエビがあちこちで産卵開始。

ヒメホタルイとカキツバタ。
カキツバタ200904_02
大き目の鉢がヒタヒタになるようにセットしてあります。
どうやらここもメダカの産卵にうってつけの様子。
カキツバタ200904_01
↑わかりにくいですが十匹近いメダカが乗り込んでいます。

カキツバタマタニティと呼ぶことに。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
メダカビオトープ ロードショー完結編
- 2009/04/28(Tue) -
「アサザ御本家様、本年は末席に…。」
「御本家の昨年の出過ぎたふるまいを殿はお忘れではないようじゃ。ご明察よのぉ。」
「皆の者、長居は無用じゃ。それっ、お次のごあいさつは美しいマダム様じゃ。」
本池200904_06
「おお、ヒメスイレン様。ご機嫌麗しゅうございます。ヒメは我らが誇りでござります。」
「その優しくも可憐なるご容姿、くじけぬ強さ。お守りいたしますですぞ。」
本池200904_09
「ふむ。ミズヒナゲシ殿はずいぶん位がお下がりのようで。アサザ様同様に昨年の狼藉三昧で殿
の逆鱗に触れられましたからなぁ。さもありなん。」
「おやっ。昨秋よわよわしい姿でお越しになったワスレナグサ殿! なんとも隆盛の極みでございます
なぁ。跡取り様を拝見することを楽しみにしております。」
本池200904_11

てな平成二十一年度ねころぐガーデン夏の陣いざ開演。
今年は「バカ殿シリーズ」にするしかなくなりました(笑)。

「やんごとなきヒツジグサ様はいずこに。」 「はっ。禁裏わんどにいらっしゃいます。」
この記事のURL | メダカ | ▲ top
メダカビオトープ ロードショーその2
- 2009/04/27(Mon) -
「ご出世なされたナガバ様のお次は!」
「茶碗バスのショウキンポウ殿。はじめて目にかかります。楽しみにしておりますですぞ。」
本池200904_05
「これはこれはヒメフトイ様お元気でなにより。その成長ぶりにジイは嬉しゅうござる。」
「フイリセリ様はお隠れか!」 「んなことよりいつもより水位低くない?」
本池200904_08
「お。昨年はご尊顔を拝見できなかったカキツバタ殿。今年はいかがかのう。」
「ヒメホタルイ様に力を吸いとれられぬよう精進願いますぞ。」
本池200904_10

なぜかメダカたちはみなジイになってしまったようです(笑)。

つづく。
この記事のURL | メダカ | ▲ top
メダカビオトープ一挙公開その1
- 2009/04/26(Sun) -
今シーズンのGRAND OPEN三日後の撮りだめ風景を連載で。
本池200904_03
好奇心旺盛なメダカたちはあちこち探検。
「注ぎ口方面のアサザ殿。ご無事でしたか。」
本池200904_04
「おお。我らがオアシス、ナガバオモダカ様。今シーズンは一等地ですな。」
本池200904_07
「ハイ次!」

To be continued.
この記事のURL | メダカ | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。