スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日曜の朝
- 2014/07/13(Sun) -
 今朝はマダムとオドラータ五輪が咲いています。

 マダム201407_03 ねころぐ

 いつのまにかクロメダカとヒメダカが9:1くらいになっていてメダカも一緒に写したつもりが…。
スポンサーサイト
この記事のURL | 庭池 | ▲ top
まだ
- 2012/09/06(Thu) -
 本日二日目のマダム。
 マダム201209_01 ねころぐ
 ワンドのスイレンは大きく立派。

 こちらに傾いて
 「そろそろ最後だから撮って」
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
残暑から盛夏へ
- 2012/08/22(Wed) -
 不十分な手入れにかかわらず、スイレンがまだ咲き続けている。
 オドラータとマダムの交代制の様子。

 本日のマダム
 マダム201208_05 ねころぐ
 本日のポンテデリア
 ポンテデリア201208_03 ねころぐ

 まだまだシーズンまっただ中。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
本格始動。遅っ!
- 2012/06/07(Thu) -
 用事のない休日は山歩きばかりで、池の手入れが今頃になってしまった。

 お約束の大量ウォーターマッシュルームご退場。山盛り。
 IMG_6179.jpg
 胴長装備入水作業証拠アングル。
 池201206_01 ねころぐ
 池底は徹底的浚いに浚って、ポンテデリアとナガバオモダカは思い切ったトリミング。
 鉢の配置も変更して完了。
 池201206_02 ねころぐ
 注水口付近の水面見るの何ヶ月ぶり?

 水が澄んだらいい感じになるはず。
この記事のURL | 庭池 | CM(2) | ▲ top
ねころぐ池2012
- 2012/05/22(Tue) -
 ここのところウォータープランツをズームでばかりご紹介しています。
 後景として見るに堪えない状態だったねころぐ池。
 ま、なんとかそこそこになりました。
 
 ファイヤークレストとマダムはいつものワンド。
 池201205_01 ねころぐ
 カキツバタは本池岸寄り。
 池201205_02 ねころぐ
 
 ■中央のカヤツリグサ島は撤収(アオミドロ除去のために泣く泣く)
 ■スイレンその他沈水鉢十数個はすべて北側岸に(手入れしやすいように:じつは手抜き)

 すっきりさせたつもりですが、注水口付近はすでにウォータマッシュルーム大暴れ。
 北岸側イコール南向き。
 沈水鉢からの浮葉たちはどんどん南下政策を採って池を覆うことでしょう。

 メダカたちのためにグリーンウォーター化しているわけではありません。
 水は透明。ホント。
 底のアオミドロ色なのです。完全除去はあきらめました。降参。
この記事のURL | 庭池 | CM(2) | ▲ top
ねころぐ池序章
- 2012/05/02(Wed) -
 水辺ビオトープ勝手に開幕。
 ナガバオモダカ201205_01 ねころぐ

 ナガバオモダカ開花。
この記事のURL | 庭池 | CM(2) | ▲ top
1月24日朝
- 2012/01/26(Thu) -
 休みの朝。
 庭201201_01 ねころぐ
 ワンドは完全氷結。
 ロウバイ201201_07 ねころぐ
 
 この後、家周りの道雪かき三時間。
 ネコたちの外出なし。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
静かなねころぐ池
- 2011/10/04(Tue) -
 秋晴れで視界スッキリの季節。
 山がオレを呼んでいる状態でねころぐガーデンがほったらかしになってました。

 久しぶりに手入れした今日のねころぐ池。
 池201110_01 ねころぐ
 浮葉減り、チャワンバス枯れ落ち、メダカ元気。
 オモダカとミズヒナゲシはまだまだ~と威勢がよろしい。

 数週間後の越冬準備を待つばかり。
 いつの表情もオキニイリです。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
今日のねころぐ池
- 2011/09/06(Tue) -
 台風一過。
 今シーズンもそろそろ終盤戦。

 にごってますが静かな秋を迎えつつある本日のねころぐ池。
 池201109_01 ねころぐ 池201109_02 ねころぐ
 ガガブタはまだ元気に二輪。オモダカはまだまだ全開。
 池201109_03 ねころぐ 池201109_04 ねころぐ
 オドラータが有終の美を飾るべく準備中。
 池201109_05 ねころぐ

 また気温が上がって盛り返すメンバーが出てくるかも。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
歓迎
- 2011/09/01(Thu) -
 ユリ201109_01  ねころぐ
 自主参加の新人もずっとそこにいたかのようにすぐ仲間扱い。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
テッポウユリ自主参加
- 2011/08/29(Mon) -
 いつのまにか飛んできてねころぐ池ウォータープランツ組合メンバーに?
 池201108_09 ねころぐ
 水中から生えてます。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
手入れ不足でも
- 2011/06/26(Sun) -
 自業自得の足ギブスのせいで10日間ほど手入れできていません。
 ねころぐ池201106_05 ねころぐ
 それでもその間にマダム×2、オドラータ×1が開花していました(花後で確認)。
 この絵でも相変わらずハスのそばでヒツジグサが咲いています。

 浴槽ビオみたいになったらたいへん。
この記事のURL | 庭池 | CM(2) | ▲ top
五月雨
- 2011/05/13(Fri) -
五月晴れっていう日がほとんどありません。

池201105_03 ねころぐ

雨の夜のねころぐ池も嫌いではありません。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
これくらいがちょうどいい
- 2011/05/10(Tue) -
 池201105_02 ねころぐ■大好きな注水口付近■
 
 
 トクサ撤去の際に救出したはずのシラサギ
 カヤツリはいずこへ?
 枯れ切っている…。

 お気に入りスポットにお気に入りシラサギ
 カヤツリの予定が…。
 ヒメホタルイしか確認できず。

 じつは地面の下で着々と準備中であることを
 祈ってお待ちしております。

 そういえば昨年はこのあたりナンパスポット
 (笑)だったけど今年はどうだろう?

 
 ここは毎年数か月で見る影もなく大繁茂状態に
 なるのがお約束ですが、これくらいのときがいい。

 メダカ戯れ、水澄みわたり、オヤジ見とれる。


 よ~く覚えておこう。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
今日はあっちから。
- 2011/05/06(Fri) -
 27年目にして初のGW中の三連休。
 混雑しているところへ出掛けるのは絶対にイヤなのでずっとねころぐガーデン手入れ♪

 生垣刈り込み、池メンテ、スイレン鉢セッティングなどなど。
 例によって付かず離れずゴマの監視付き。

 今日はあっちの見張り岩から…。ヒョイ♪
 ゴマ201105_03 ねころぐ
 メダカ増えた?(性悪野良に顔面ネコパンチ喰らって腫れ顔ゴマ)
 ゴマ201105_04 ねころぐ
 な~んだ、池には入らないのか。
 ゴマ201105_05 ねころぐ

 今年は入水なし(笑)。
 這いつくばってズリズリ動かしてセッティング。
 トクサ撤収で広くなったワンドに三鉢セットが新しい。
 チャワンバスとガガブタ以外はもうどれがなんだかさっぱりわからない…。
 
 ジャブジャブ池にはいらなくても最低限の手入れができるポジションにセットしました。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
みどりの日
- 2011/05/04(Wed) -
先月一掃したら逆に一気に繁茂したアオミドロ。
池201105_01 ねころぐ
疲れました。今シーズンは共生してみることに。
池201105_02 ねころぐ
ちょっと違うミドリの日。
この記事のURL | 庭池 | CM(2) | ▲ top
水温む
- 2011/04/26(Tue) -
浅瀬好き。
メダカ201104_01 ねころぐ
メダカたちは狭くて浅いところがお気に入り。
クチボソ君もつられて思わず侵入。
この記事のURL | 庭池 | CM(2) | ▲ top
ドウダンツツジ初開花
- 2011/04/23(Sat) -
ずっと秋口剪定で葉の色と樹形だけが観賞対象にされていたドウダンツツジ。
昨年は花を見てみたくて剪定時期を調整してみました。

ほんの数か所だけですが可愛い花のごあいさつ。
ドウダンツツジ201104_01 ねころぐ
我慢して良かった。
ドウダンツツジ201104_02 ねころぐ

こんにちワン。
この記事のURL | 庭池 | CM(2) | ▲ top
お眼覚め
- 2011/04/21(Thu) -
手前に並んで沈んでいるウォータープランツたち。
スイレン201104_02 ねころぐ
ただいま8鉢お眼ざめ。
浴槽放置ビオトープでも力強く。
スイレン201104_01 ねころぐ

おはよううなぎ~。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
ワンドその後
- 2011/02/27(Sun) -
早くもトクサ復活(笑)。
ワンド2011_07 ねころぐ
心を鬼にして底も浚ってすっきりキレイにすべきか?

無理。
この記事のURL | 庭池 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。