スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
飛翔のとき
- 2012/07/03(Tue) -
 今年もねころぐ池からの旅立ちのときがやってきた。

 ヤゴ201207_01 ねころぐ

 いってらっしゃい。
 そしていつかおかえり。
スポンサーサイト
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | CM(0) | ▲ top
前から来てた?
- 2011/09/15(Thu) -
 イトトンボねころぐ池にてついに確認される。
 イトトンボ201109_01 ねころぐ
 実際には、何年も前からなんども飛来してきていたに違いない。
 ちっちゃくて無音だから気付かないだけかも。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | CM(0) | ▲ top
フライイング?
- 2011/08/11(Thu) -

 7月下旬に一時的に気温が下がったから?
 
アキアカネ201108_01 ねころぐ

 また焦熱地獄復活だよ。
 山に戻ったほうがいいと思う。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | CM(0) | ▲ top
お見合い
- 2011/07/28(Thu) -
 ほのぼの?
 トンボ201107_11 ねころぐ
 じつは睨み合い。
 トンボ201107_12 ねころぐ
 互いに譲らぬ一等地。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | CM(2) | ▲ top
こわもて
- 2011/07/12(Tue) -
 けっこういかついお顔だったのね。

 シオカラトンボ201107_02  ねころぐ

 「ニィ~」と笑った。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | CM(0) | ▲ top
同系コーディネイト
- 2011/06/29(Wed) -
 ヤゴの報告をするなり訪問者。ねころぐ読者かい(笑)?
 シオカラトンボ201106_01 ねころぐ

 ガクアジサイと合わせてみました。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | CM(0) | ▲ top
恒例?
- 2011/06/27(Mon) -
 今年も昨年同様。
 ヤゴ201106_01 ねころぐ
 なんでわざわざこの距離を?
 ヤゴ201106_02 ねころぐ
 ワスレナグサでいいっしょ?

 2011年もオヤジサンダルから旅立ったヤツがいる(笑)。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | CM(0) | ▲ top
おかえり
- 2011/06/14(Tue) -
 ただいま。
 ギンヤンマ201106_01 ねころぐ
 うちのジュニアたちをよろしく。
 ガクアジサイ201106_02 ねころぐ
 今年はちょっと手入れ不足じゃない?
 ガクアジサイ201106_03 ねころぐ

 ねころぐ池出身ギンヤンマ。
 ずっと続きますよう。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | CM(0) | ▲ top
第一陣出立
- 2011/04/25(Mon) -
ギンヤンマの羽化はGW前後。
ねころぐ池からも出立続々。

トクサ撤去で高さが足りなかった。スマン。なんとか無事だったようです。
トンボ201104_02 ねころぐ
カヤツリグサの新芽を選んだあなたは正解!
トンボ201104_01 ねころぐ トンボ201104_03 ねころぐ

「おかえり」と言えるときまで元気で。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | CM(0) | ▲ top
アカトンボ代表
- 2010/10/05(Tue) -
アカトンボと呼ばれているのは15種類くらい。
オスメス別で羽の色、翅脈の色、腹の先の形、頭の色、胸の色、腹の色で見分けます。
⇒いつもこちらのサイトのお世話になっています。

真性?アカトンボ、アキアカネ。
アキアカネ201010_02 ねころぐ
ねころぐ池周りに常時5-6頭。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
Who are you?
- 2010/10/01(Fri) -
「あ。こ、こんにちは。」

いろんなアカトンボで賑やかなねころぐ池。
羽の先が茶色いのはリスアカネかノシメトンボあるいはコノシメトンボ。
リスアカネ201009_01 ねころぐ
あの?。体の色とか見ないと誰だかわかんないですが…。

「はい、ちょっと息止めてて下さい。」
「パシャ。」

レントゲン撮るほどでもない(笑)。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
シオカラトンボ beauty
- 2010/09/04(Sat) -
ねころぐ池には終日トンボが居ます。
気が向いたらデジタルのお気軽さでとにかく撮っちゃう。

ポピュラー過ぎて注目度の低いシオカラトンボですが、撮りまくって削除しまくっていると個体差に気付きます。
調べたら個体差というより成長度合いの差のようです。
♀は基本的に黄黒斑紋のムギワラトンボ。

↓色合いが一番鮮やかできれいだった壮年。
シオカラトンボ201009_01 ねころぐ
↓まだ殻が頭にくっついたままの幼稚園生。
シオカラトンボ201009_01 ねころぐ
成長したらシオカラ♂かムギワラ♀になる。
羽化してしばらくはみんなムギワラ。

ヒツジグサやショウジョウトンボの件で反省してちょっと調べてからに(笑)。
いろいろ知るとますます興味が湧き、楽しい気分です。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
ナツアカネ改めショウジョウトンボ
- 2010/08/29(Sun) -
ねころぐ訂正流行り。

ナツアカネではなく、ショウジョウトンボでした。
ショウジョウトンボ201008_07 ねころぐ
ナツアカネは翅の付け根まで透明とのこと。
ショウジョウトンボ201008_02 ねころぐ
↑明らか。

アカトンボって言ってればよかった(笑)。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
粋な計らい
- 2010/08/17(Tue) -
今季絶好調のファイヤークレスト。
咲いたらとにかく全部撮る。
ナツアカネ2010085_01 ねころぐ
トンボ独特の羽音を鳴らして一瞬だけピタリ。
サンキュー。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
ruby and alexandrite
- 2010/08/02(Mon) -
トンボ201007_02 ねころぐ
透明感のある輝きそれぞれ。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
welcome to Necolog Garden part3
- 2010/07/30(Fri) -
がんばれがんばれ。
トンボ201007_01 ねころぐ
まだ羽が伸びきっていないよ。
尻尾が池に浸かってるよ。

力尽きそうな正真正銘ねころぐ池出身シオカラ君。
選んだワスレナグサが短すぎたな。

ワスレナグサごとそばのツツジにレスキュー。
半時間ほどで無事飛び去った。
また会おう。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
Dream Comes True
- 2010/06/13(Sun) -
憧れていた情景。
ヤンマ201006_02 ねころぐ
スイレン、ヤンマ、メダカ。
きっとねころぐ池生まれだと思うからなおいっそう。
ヤンマ201006_03 ねころぐ
浮葉の切れ目がとっても都合がいいみたい。

幸せな時を経験できた。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
里帰り
- 2010/06/11(Fri) -
ヤンマ20100601_01 ねころぐ
おかえり。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | CM(0) | ▲ top
出立続々続々続…
- 2010/05/08(Sat) -
今シーズン旅立ち一号発見の約一週間後。
トンボ2010_01 ねころぐ
わかります?
ここだけで9頭! ウォーリーを探せ。
トクサ方面以外ではカキツバタでもポンテデリアでも。

ねころぐ池改めヤンマ池。
旅立つ瞬間が見たい。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
出立続々
- 2010/05/03(Mon) -
ねころぐ池が生まれ故郷のヤンマの旅立ちが始まりました。
トンボ201005_01 ねころぐ
いっぱい食べたろ?
元気でな。
この記事のURL | トンボ・ヤゴ | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。